Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

40.4.2. 1 つのブートエントリーでカーネルコマンドラインパラメーターの変更

この手順では、システム上の単一のブートエントリーのカーネルコマンドラインパラメーターを変更する方法を説明します。

前提条件

  • grubby ユーティリティーおよび zipl ユーティリティーがシステムにインストールされている。

手順

  • パラメーターを追加するには、以下を行います。

    grubby --update-kernel=/boot/vmlinuz-$(uname -r) --args="<NEW_PARAMETER>"
    • IBM Z で、起動メニューを更新するオプションを指定せずに zipl コマンドを実行します。
  • パラメーターを削除するには、以下のコマンドを使用します。

    grubby --update-kernel=/boot/vmlinuz-$(uname -r) --remove-args="<PARAMETER_TO_REMOVE>"
    • IBM Z で、起動メニューを更新するオプションを指定せずに zipl コマンドを実行します。
注記

grub.cfg ファイルを使用するシステムでは、デフォルトで、カーネルブートエントリーごとに options パラメーターがあり、これは kernelopts 変数に設定されます。この変数は、/boot/grub2/grubenv 設定ファイルで定義されます。

重要

GRUB2 システムの場合:

  • すべてのブートエントリーに対してカーネルコマンドラインパラメーターを変更する場合には、grubby ユーティリティーは /boot/grub2/grubenv ファイルの kernelopts 変数を更新します。
  • 1 つのブートエントリーのカーネルコマンドラインパラメーターが変更されると、kernelopts 変数の拡張やカーネルパラメーターの変更が行われ、得られた値は各ブートエントリーの /boot/loader/entries/<RELEVANT_KERNEL_BOOT_ENTRY.conf> ファイルに保存されます。

zIPL システムの場合:

  • grubby は、個別のカーネルブートエントリーのカーネルコマンドラインパラメーターを変更して、/boot/loader/entries/<ENTRY>.conf ファイルに保存します。

関連情報

  • カーネルコマンドラインパラメーターの詳細は、「カーネルコマンドラインパラメーターの概要」 を参照してください。
  • grubby ユーティリティーの詳細は、grubby(8) の man ページを参照してください。
  • grubby のその他の使用例は、「 grubby ツール 」を参照してください。
  • zipl ユーティリティーの詳細は、zipl(8) man ページを参照してください。