Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

42.8. kdump のカーネルドライバーのブラックリスト化

kdump 用のカーネルドライバーをブラックリスト登録するメカニズムで、目的のカーネルドライバーが読み込まれないようします。カーネルドライバーをブラックリストに登録すると、oom killer またはその他のクラッシュカーネルの障害を防ぐことができます。

カーネルドライバーをブラックリストに指定するには、/etc/sysconfig/kdump ファイルの KDUMP_COMMANDLINE_APPEND= 変数を更新し、以下のブラックリストオプションのいずれかを指定できます。

  • rd.driver.blacklist=<modules>
  • modprobe.blacklist=<modules>

/etc/sysconfig/kdump ファイルでドライバーをブラックリストに登録すると、kdump initramfs がブラックリストに指定したモジュールを読み込まなくなります。

以下の手順では、クラッシュカーネルの障害を防ぐために、カーネルドライバーをブラックリストに登録する方法を説明します。

手順

  1. ブラックリストに指定するカーネルモジュールを選択します。

    $ lsmod
    
    Module                  Size  Used by
    fuse                  126976  3
    xt_CHECKSUM            16384  1
    ipt_MASQUERADE         16384  1
    uinput                 20480  1
    xt_conntrack           16384  1

    lsmod コマンドは、現在実行中のカーネルに読み込まれているモジュールの一覧を表示します。

  2. 以下のように /etc/sysconfig/kdump ファイルの KDUMP_COMMANDLINE_APPEND= 行を更新します。

    KDUMP_COMMANDLINE_APPEND="rd.driver.blacklist=hv_vmbus,hv_storvsc,hv_utils,hv_netvsc,hid-hyperv"
  3. また、以下のように /etc/sysconfig/kdump ファイルの KDUMP_COMMANDLINE_APPEND= 行を更新することもできます。

    KDUMP_COMMANDLINE_APPEND="modprobe.blacklist=emcp modprobe.blacklist=bnx2fc modprobe.blacklist=libfcoe modprobe.blacklist=fcoe"
  4. kdump サービスを再起動します。

    $ systemctl restart kdump

関連情報

  • oom killer の詳細は、以下の ナレッジ記事 を参照してください。
  • モジュールのブラックリストオプションに関する dracut.cmdline の man ページ。