Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.2. LVM 論理ボリュームの設定

以下の手順では、基本的な LVM 管理タスクの例を示します。

68.2.1. CLI コマンドの使用

以下のセクションでは、LVM CLI コマンドの一般的な操作機能を説明します。

コマンドラインの引数で単位の指定

コマンドラインの引数でサイズが必要な場合は、常に単位を明示的に指定できます。単位を指定しないと、デフォルトで KB または MB が指定されます。LVM CLI コマンドでは、分数を使用できません。

コマンドライン引数で単位を指定する場合は、LVM が大文字と小文字を区別しません。たとえば、M と m は同じで、2 の累乗 (1024 の倍数) が使用されます。ただし、コマンドで --units 引数を指定すると、小文字は、単位が 1024 の倍数であることを示し、その単位は 1000 の倍数であることを示します。

ボリュームグループおよび論理ボリュームの指定

LVM CLI コマンドでボリュームグループまたは論理ボリュームを指定する場合は、以下の点に留意してください。

  • ここで、コマンドではボリュームグループまたは論理ボリューム名を引数として取り、完全パス名はオプションになります。ボリュームグループ vg0 内の lvol0 という論理ボリュームは、vg0/lvol0 として指定できます。
  • ボリュームグループの一覧は必須ですが、空の場合は、ボリュームグループの一覧が置き換えられます。
  • 論理ボリュームの一覧が必要ですが、ボリュームグループを指定すると、そのボリュームグループにある論理ボリュームがすべて置き換えられます。たとえば、lvdisplay vg0 コマンドは、ボリュームグループ vg0 の論理ボリュームをすべて表示します。
出力の詳細レベルを上げる

すべての LVM コマンドは、出力の詳細レベルを上げるために複数回入力できる -v 引数を受け入れます。以下の例は、lvcreate コマンドのデフォルト出力を示しています。

# lvcreate -L 50MB new_vg
  Rounding up size to full physical extent 52.00 MB
  Logical volume "lvol0" created

以下のコマンドは、lvcreate コマンドの出力と、-v 引数を表示します。

# lvcreate -v -L 50MB new_vg
  Rounding up size to full physical extent 52.00 MB
    Archiving volume group "new_vg" metadata (seqno 1).
    Creating logical volume lvol0
    Creating volume group backup "/etc/lvm/backup/new_vg" (seqno 2).
    Activating logical volume new_vg/lvol0.
    activation/volume_list configuration setting not defined: Checking only host tags for new_vg/lvol0.
    Creating new_vg-lvol0
    Loading table for new_vg-lvol0 (253:0).
    Resuming new_vg-lvol0 (253:0).
    Wiping known signatures on logical volume "new_vg/lvol0"
    Initializing 4.00 KiB of logical volume "new_vg/lvol0" with value 0.
  Logical volume "lvol0" created

引数の -vv-vvv、および -vvvv を使用すると、表示されるコマンド実行がより詳細になります。-vvvv 引数は、この時点で情報の最大数を提供します。以下の例は、lvcreate コマンドで -vvvv 引数を指定して、出力の最初の行を示しています。

# lvcreate -vvvv -L 50MB new_vg
#lvmcmdline.c:913         Processing: lvcreate -vvvv -L 50MB new_vg
#lvmcmdline.c:916         O_DIRECT will be used
#config/config.c:864       Setting global/locking_type to 1
#locking/locking.c:138       File-based locking selected.
#config/config.c:841       Setting global/locking_dir to /var/lock/lvm
#activate/activate.c:358       Getting target version for linear
#ioctl/libdm-iface.c:1569         dm version   OF   [16384]
#ioctl/libdm-iface.c:1569         dm versions   OF   [16384]
#activate/activate.c:358       Getting target version for striped
#ioctl/libdm-iface.c:1569         dm versions   OF   [16384]
#config/config.c:864       Setting activation/mirror_region_size to 512
...
LVM CLI コマンドのヘルプの表示

コマンドの --help 引数を使用して、LVM CLI コマンドのヘルプを表示できます。

# commandname --help

コマンドの man ページを表示するには、man コマンドを実行します。

# man commandname

man lvm コマンドは、LVM に関する一般的なオンライン情報を提供します。