Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.7. RAID 論理ボリュームの設定

LVM RAID ボリュームの作成、アクティブ化、変更、削除、表示、および使用が可能です。

68.7.1. RAID 論理ボリューム

LVM は、RAID レベル 0、1、4、5、6、10 に対応します。

LVM RAID ボリュームには以下の特徴があります。

  • LVM が作成および管理した RAID 論理ボリュームは、複数のデバイス (MD) カーネルドライバーを使用します。
  • アレイから RAID1 イメージを一時的に分割し、後でアレイにマージし直すことができます。
  • LVM RAID ボリュームはスナップショットに対応します。

クラスター

RAID 論理ボリュームはクラスターには対応していません。

RAID 論理ボリュームは 1 台のマシンに排他的に作成およびアクティブ化できますが、複数のマシンで同時にアクティブにすることはできません。

Subvolumes

RAID 論理ボリュームを作成するとき、LVM は、データまたはアレイ内のパリティーサブボリュームごとに、サイズが 1 エクステントのメタデータサブボリュームを作成します。

たとえば、2 方向の RAID1 アレイを作成すると、メタデータサブボリュームが 2 つ (lv_rmeta_0 および lv_rmeta_1) と、データサブボリュームが 2 つ (lv_rimage_0 および lv_rimage_1) 作成されます。同様に、3 way ストライプ (および暗黙的なパリティーデバイスが 1 つ) の RAID4 を作成すると、メタデータサブボリュームが 4 つ (lv_rmeta_0lv_rmeta_1lv_rmeta_2、および lv_rmeta_3)、データサブボリュームが 4 つ (lv_rimage_0lv_rimage_1lv_rimage_2、および lv_rimage_3) が作成されます。

インテグリティー

RAID デバイスに障害が発生したり、ソフト破損が発生したときにデータが失われる場合があります。データストレージにおけるソフト破損は、ストレージデバイスから取得したデータが、そのデバイスに書き込まれるデータとは異なることを意味します。RAID LV に整合性を追加すると、ソフト破損の軽減または防止に役立ちます。ソフト破損の詳細と、RAID LV に整合性を追加する方法は、「RAID LV での DM 整合性の使用」 を参照してください。