Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

20.2. nmtui を使用した接続プロファイルの追加

nmtui アプリケーションで、NetworkManager へのテキストユーザーインターフェースが含まれます。この手順では、新しい接続プロファイルを追加する方法を説明します。

前提条件

  • NetworkManager-tui パッケージがインストールされている。

手順

  1. NetworkManager のテキストユーザーインターフェースユーティリティーを起動します。

    # nmtui
  2. 接続の編集 メニューエントリーを選択し、Enter を押します。
  3. Add ボタンを選択し、Enter を押します。
  4. Ethernet を選択し、Enter を押します。
  5. フィールドにコネクションの詳細を入力します。

    nmtui で接続の追加
  6. OK をクリックして変更を保存します。
  7. Back を選択してメインメニューに戻ります。
  8. Activate a connection を選択し、Enter を押します。
  9. 新しい接続エントリーを選択し、Enter を押して接続をアクティベートします。
  10. Back を選択してメインメニューに戻ります。
  11. Quit を選択します。

検証手順

  1. デバイスおよび接続の状態を表示します。

    # nmcli device status
    DEVICE      TYPE      STATE      CONNECTION
    enp1s0      ethernet  connected  Example-Connection
  2. 接続プロファイルのすべての設定を表示するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection show Example-Connection
    connection.id:              Example-Connection
    connection.uuid:            b6cdfa1c-e4ad-46e5-af8b-a75f06b79f76
    connection.stable-id:       --
    connection.type:            802-3-ethernet
    connection.interface-name:  enp1s0
    ...

関連情報

  • 接続のテストの詳細は、『ネットワークの設定 および管理』の「 基本的なネットワーク設定のテスト」 参照してください。
  • nmtui アプリケーションの詳細は、nmtui(1) のman ページを参照してください。
  • ディスクの設定がデバイスの設定と一致しない場合は、NetworkManager を起動するか再起動して、インメモリー接続を作成することで、デバイスの設定を反映します。詳細と、この問題を回避する方法は、「 NetworkManager duplicates a connection after restart of NetworkManager service 」を参照してください。