Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

54.3.4. リソース作成でメタオプションの設定

リソースのメタオプションにおけるデフォルト値のリセットの有無に関わらず、リソースを作成する際に、特定リソースのリソースオプションをデフォルト以外の値に設定できます。以下は、リソースのメタオプションの値を指定する際に使用する pcs resource create コマンドの形式です。

pcs resource create resource_id [standard:[provider:]]type [resource options] [meta meta_options...]

たとえば、以下のコマンドでは resource-stickiness の値を 50 に設定したリソースを作成します。

# pcs resource create VirtualIP ocf:heartbeat:IPaddr2 ip=192.168.0.120 meta resource-stickiness=50

また、次のコマンドで、既存のリソース、グループ、またはクローンリソースに対してリソースメタオプションの値を設定することもできます。

pcs resource meta resource_id | group_id | clone_id meta_options

以下の例では、dummy_resource という名前の既存リソースがあります。このコマンドは、failure-timeout メタオプションの値を 20 秒に設定します。これにより 20 秒でリソースが同じノード上で再起動を試行できるようになります。

# pcs resource meta dummy_resource failure-timeout=20s

上記のコマンドを実行した後、リソースの値を表示して、failure-timeout=20s が設定されているかどうかを確認できます。

# pcs resource config dummy_resource
 Resource: dummy_resource (class=ocf provider=heartbeat type=Dummy)
  Meta Attrs: failure-timeout=20s
  ...