第5章 共通システム証明書の使用

共有システム証明書ストレージは、NSS、GnuTLS、OpenSSL、および Java が、システムの証明書アンカーと、ブラックリスト情報を取得するデフォルトソースを共有します。トラストストアには、デフォルトで、Mozilla CA の一覧 (信頼される一覧および信頼されない一覧) を含みます。システムは、コア Mozilla CA 一覧を更新したり、証明書一覧を選択したりできます。

5.1. システム全体でトラストストアの使用

Red Hat Enterprise Linux では、統合されたシステム全体のトラストストアが /etc/pki/ca-trust/ ディレクトリーおよび /usr/share/pki/ca-trust-source/ ディレクトリーに置かれています。/usr/share/pki/ca-trust-source/ のトラスト設定は、/etc/pki/ca-trust/ の設定よりも低い優先順位で処理されます。

証明書ファイルは、以下のディレクトリーにインストールされているサブディレクトリーによって扱われ方が異なります。

  • トラストアンカーの場合

    • /usr/share/pki/ca-trust-source/anchors/ または
    • /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
  • 信頼されない証明書の場合

    • /usr/share/pki/ca-trust-source/blacklist/ または
    • /etc/pki/ca-trust/source/blacklist/
  • 拡張された BEGIN TRUSTED ファイル形式の証明書の場合

    • /usr/share/pki/ca-trust-source/ または
    • /etc/pki/ca-trust/source/
注記

階層暗号化システムでは、トラストアンカーは信頼できると想定される、信頼できるエンティティーです。たとえば、X.509 アーキテクチャーでは、ルート証明書がトラストチェーンの元となるトラストアンカーとなっています。トラストアンカーは、パスの検証ができるように、事前に信頼できる団体が所有しておく必要があります。