1.3. 暗号化ソフトウェアおよび認定

Red Hat Enterprise Linux は、業界のベストプラクティスに従い、FIPS 140-2Common Criteria (CC) などのセキュリティー認証を受けています。

ナレッジベースの記事「RHEL 8 core crypto components」では、Red Hat Enterprise Linux 8 コア暗号化コンポーネントの概要 (「どのコンポーネントか選択されているか」、「どのように選択されているか」、「オペレーティングシステムにどのように統合されているかどうか」、「ハードウェアセキュリティーモジュールおよびスマートカードにどのように対応しているか」、および「暗号化認証がどのように適用されているか」) を説明します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。