1.7. 一般的な不正使用と攻撃

表1.1「一般的な不正使用」では、侵入者が組織のネットワークリソースにアクセスするために使用する最も一般的な不正使用とエントリーポイントの例を挙げて詳しく説明します。この一般的な不正使用では、それがどのように実行され、管理者がその攻撃からネットワークをどのように適切に保護できるかを理解していることが重要になります。

表1.1 一般的な不正使用

不正使用説明備考

空またはデフォルトのパスワード

管理パスワードを空白のままにしたり、製品ベンダーが設定したデフォルトのパスワードをそのまま使用します。これは、ルーターやファイアウォールなどのハードウェアで最もよく見られますが、Linux で実行するサービスにはデフォルトの管理者パスワードが指定されているものがあります (ただし Red Hat Enterprise Linux 8 には含まれません)。

一般的に、ルーター、ファイアウォール、VPN、ネットワーク接続ストレージ (NAS) の機器など、ネットワークハードウェアに関連するものです。

多数のレガシーオペレーティングシステム、特にサービスをバンドルしたオペレーティングシステム (UNIX や Windows など) でよく見られます。

管理者が急いで特権ユーザーアカウントを作成したためにパスワードが空白のままになっていることがありますが、このような空白のパスワードは、このアカウントを発見した悪意のあるユーザーが利用できる絶好のエントリーポイントとなります。

デフォルトの共有鍵

セキュアなサービスでは、開発や評価テスト向けにデフォルトのセキュリティー鍵がパッケージ化されていることがあります。この鍵を変更せずにインターネットの実稼働環境に置いた場合は、同じデフォルトの鍵を持つ すべての ユーザーがその共有鍵のリソースや、そこにあるすべての機密情報にアクセスできるようになります。

無線アクセスポイントや、事前設定済みでセキュアなサーバー機器に最も多く見られます。

IP スプーフィング

リモートマシンがローカルネットワークのノードのように動作し、サーバーに脆弱性を見つけるとバックドアプログラムまたはトロイの木馬をインストールして、ネットワークリソース全体へのコントロールを得ようとします。

スプーフィングは、攻撃者が標的となるシステムへの接続を調整するのに、TCP/IP シーケンス番号を予測しなければならないため、かなり難しくなりますが、クラッカーの脆弱性の攻撃を支援する利用可能なツールがいくつかあります。

標的となるシステムで実行している source-based 認証技術を使用するサービス (rshtelnet、FTP など) により異なりますが、このようなサービスは、ssh、または SSL/TLS で使用される PKI などの形式の暗号化認証と比較すると推奨されません。

盗聴

2 つのノード間の接続を盗聴することにより、ネットワーク上のアクティブなノード間を行き交うデータを収集します。

この種類の攻撃には大抵、Telnet、FTP、HTTP 転送などのプレーンテキストの転送プロトコルが使用されます。

リモートの攻撃者がこのような攻撃を仕掛けるには、LAN で、攻撃するシステムへのアクセス権が必要になります。通常、クラッカーは、LAN 上にあるシステムを危険にさらすためにアクティブ攻撃 (IP スプーフィングや中間者攻撃など) を仕掛けます。

パスワードのなりすましに対する防護策としては、暗号化鍵交換、ワンタイムパスワード、または暗号化された認証によるサービス使用が挙げられます。通信中は強力な暗号化を実施することをお勧めします。

サービスの脆弱性

攻撃者はインターネットで実行しているサービスの欠陥や抜け穴を見つけます。攻撃者がこの脆弱性を利用する場合は、システム全体と格納されているデータを攻撃するだけでなく、ネットワーク上の他のシステムも攻撃する可能性があります。

CGI などの HTTP ベースのサービスは、リモートのコマンド実行やインタラクティブなシェルアクセスに対しても脆弱です。HTTP サービスが「nobody」などの権限のないユーザーとして実行している場合でも、設定ファイルやネットワークマップなどの情報が読み取られる可能性があります。または、攻撃者がサービス拒否攻撃を開始して、システムのリソースを浪費させたり、他のユーザーが利用できないようにする可能性もあります。

開発時およびテスト時には気が付かない脆弱性がサービスに含まれることがあります。(アプリケーションのメモリーバッファー領域をあふれさせ、任意のコマンドを実行できるようなインタラクティブなコマンドプロンプトを攻撃者に提供するように、攻撃者が任意の値を使用してサービスをクラッシュさせる バッファーオーバーフローなどの) 脆弱性は、完全な管理コントロールを攻撃者に与えるものとなる可能性があります。

管理者は、root 権限でサービスが実行されないようにし、ベンダー、または CERT、CVE などのセキュリティー組織がアプリケーション用のパッチやエラータ更新を提供していないかを常に注意する必要があります。

アプリケーションの脆弱性

攻撃者は、デスクトップやワークステーションのアプリケーション(電子メールクライアントなど)に欠陥を見つけ出し、任意のコードを実行したり、将来のシステム侵害のためにトロイの木馬を移植したり、システムを破壊したりします。攻撃を受けたワークステーションがネットワークの残りの部分に対して管理特権を持っている場合は、さらなる不正使用が起こる可能性があります。

ワークステーションとデスクトップは、ユーザーが侵害を防いだり検知するための専門知識や経験を持たないため、不正使用の対象になりやすくなります。認証されていないソフトウェアをインストールしたり、要求していないメールの添付ファイルを開く際には、それに伴うリスクについて個々に通知することが必須です。

電子メールクライアントソフトウェアが添付ファイルを自動的に開いたり、実行したりしないようにするといった、予防手段を取ることが可能です。さらに、Red Hat Network や他のシステム管理サービスなどからワークステーションのソフトウェアを自動更新することにより、マルチシートのセキュリティーデプロイメントの負担を軽減できます。

サービス拒否攻撃 (DoS: Denial of Service)

単独の攻撃者または攻撃者のグループは、目標のホスト (サーバー、ルーター、ワークステーションのいずれか) に認証されていないパケットを送り、組織のネットワークまたはサーバーのリソースに対して攻撃を仕掛けます。これにより、正当なユーザーがリソースを使用できなくなります。

米国で最も多く報告された DOS の問題は、2000 年に発生しました。この時、通信量が非常に多い民間および政府のサイトが一部が利用できなくなりました。ゾンビ (zombie) や、リダイレクトされたブロードキャストノードとして動作する高帯域幅接続を有し、セキュリティー侵害された複数のシステムを使用して、調整された ping フラッド攻撃が行われたためです。

通常ソースパケットは、真の攻撃元を調査するのが難しくなるよう、偽装 (または再ブロードキャスト)されています。

iptables を使用したイングレスフィルタリング (IETF rfc2267) や、snort などのネットワーク侵入検知システムにおける進歩は、管理者が分散型サービス拒否攻撃を追跡し、これを防止するのに役立っています。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。