Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.6. 事前定義された firewalld サービス

firewalld サービスは、事前定義されたファイアウォールルールのセットで、特定のアプリケーションまたはネットワークサービスへのアクセスを定義します。各サービスは、次の要素の組み合わせを表します。

  • ローカルポート
  • ネットワークプロトコル
  • 関連するファイアウォールルール
  • ソースポートと宛先
  • サービスが有効になっている場合に自動的にロードされるファイアウォールヘルパーモジュール

サービスは複数のタスクを一度に実行するため、パケットのフィルタリングを簡素化し、時間を短縮します。たとえば、firewalld は次のタスクを一度に実行できます。

  • ポートを開く
  • ネットワークプロトコルを定義する
  • パケット転送を有効にする

サービス設定オプションと、一般的なファイル情報は、man ページの firewalld.service(5) で説明されています。サービスは、個々の XML 設定ファイルを使用して指定し、名前は、service-name.xml のような形式になります。プロトコル名は、firewalld のサービス名またはアプリケーション名よりも優先されます。

次の方法で firewalld を設定できます。

  • 以下のユーティリティーを使用します。

    • firewall-config - グラフィカルユーティリティー
    • firewall-cmd - コマンドラインユーティリティー
    • firewall-offline-cmd - コマンドラインユーティリティー
  • /etc/firewalld/services/ ディレクトリー内の XML ファイルを編集します。

    サービスを追加または変更しない場合、対応する XML ファイルは /etc/firewalld/services/ に存在しません。/usr/lib/firewalld/services/ 内のファイルをテンプレートとして使用できます。

関連情報

  • firewalld.service(5) の man ページ