Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第2章 SSH システムロールを使用した安全な通信の設定

管理者は、SSHD システムロールを使用して SSH サーバーを設定し、SSH システムロールを使用して任意数の RHEL システムに同時に同じ設定の SSHクライアントをRed Hat Ansible Automation Platform で設定できます。

2.1. SSHD システムロール変数

SSHD システムロール Playbook では、設定と制限に応じて、SSH 設定ファイルのパラメーターを定義できます。

これらの変数が設定されていない場合には、システムロールは RHEL のデフォルト値と同じ sshd_config ファイルを作成します。

どのような場合でも、ブール値は sshd 設定で適切に yesno としてレンダリングされます。一覧を使用して複数行の設定項目を定義できます。以下に例を示します。

sshd_ListenAddress:
  - 0.0.0.0
  - '::'

レンダリングは以下のようになります。

ListenAddress 0.0.0.0
ListenAddress ::

SSHD システムロールの変数

sshd_enable
False に設定すると、ロールは完全に無効になります。デフォルトは True です。
sshd_skip_defaults
True に設定すると、システムロールではデフォルト値が適用されません。代わりに、sshd dict または sshd_Key 変数のいずれかを使用して、設定のデフォルト値をすべて指定します。デフォルトは False です。
sshd_manage_service
False に設定すると、サービスは管理対象ではなくなるので、起動時に有効化されず、起動または再読み込みされません。Ansible サービスモジュールが現在 AIX で enabled になっていないため、コンテナーまたは AIX 内で実行する時以外はデフォルトで True に設定されます。
sshd_allow_reload
False に設定すると、設定の変更後に sshd は再読み込みされません。これはトラブルシューティングで役立ちます。変更した設定を適用するには、sshd を手動で再読み込みします。AIX を除き、sshd_manage_service と同じ値にデフォルト設定されます。ここで、sshd_manage_service はデフォルトで False に設定されますが、sshd_allow_reload はデフォルトで True に設定されます。
sshd_install_service

True に設定すると、ロールは sshd サービスのサービスファイルをインストールします。これにより、オペレーティングシステムで提供されるファイルが上書きされます。2 つ目のインスタンスを設定し、sshd_service 変数も変更しない限り、True に設定しないでください。デフォルトは False です。

ロールは、以下の変数でテンプレートとして参照するファイルを使用します。

sshd_service_template_service (default: templates/sshd.service.j2)
sshd_service_template_at_service (default: templates/sshd@.service.j2)
sshd_service_template_socket (default: templates/sshd.socket.j2)
sshd_service
この変数により sshd サービス名が変更されます。これは、2 つ目の sshd サービスインスタンスを設定するのに役立ちます。
sshd

設定が含まれる dict。以下に例を示します。

sshd:
  Compression: yes
  ListenAddress:
    - 0.0.0.0
sshd_OptionName

dict の代わりに、sshd_ プレフィックスとオプション名で構成される単純な変数を使用してオプションを定義できます。簡単な変数は、sshd dict の値を上書きします。以下に例を示します。

sshd_Compression: no
sshd_match and sshd_match_1 to sshd_match_9
dict のリスト、または Match セクションの dict のみ。これらの変数は、sshd dict で定義されている一致するブロックを上書きしないことに注意してください。すべてのソースは作成された設定ファイルに反映されます。

SSHD システムロールのセカンダリー変数

これらの変数を使用して、サポートされている各プラットフォームに対応するデフォルトを上書きすることができます。

sshd_packages
この変数を使用して、インストール済みパッケージのデフォルト一覧を上書きできます。
sshd_config_ownersshd_config_groupsshd_config_mode
このロールは、これらの変数を使用して生成する openssh 設定ファイルの所有権およびパーミッションを設定できます。
sshd_config_file
このロールが作成した openssh サーバー設定を保存するパス。
sshd_config_namespace

この変数のデフォルト値は null です。これは、ロールがシステムのデフォルトを含む設定ファイルの内容全体を定義することを意味します。または、この変数を使用して、他のロールから、またはドロップインディレクトリーをサポートしないシステムの 1 つの Playbook 内の複数の場所から、このロールを呼び出すことができます。sshd_skip_defaults 変数は無視され、この場合、システムのデフォルトは使用されません。

この変数が設定されている場合、ロールは指定された namespace の下の既存の設定ファイルの設定スニペットに指定する設定を配置します。シナリオにロールを複数回適用する必要がある場合は、アプリケーションごとに異なる namespace を選択する必要があります。

注記

openssh 設定ファイルの制限は引き続き適用されます。たとえば、設定ファイルで指定した最初のオプションだけが、ほとんどの設定オプションで有効です。

技術的には、ロールは他の一致ブロックが含まれていない限り、スニペットを "Match all" ブロックに配置し、既存の設定ファイル内の以前の一致ブロックに関係なく適用されるようにします。これにより、異なるロール呼び出しから競合しないオプションを設定できます。

sshd_binary
opensshsshd 実行可能ファイルへのパス。
sshd_service
sshd サービスの名前。デフォルトでは、この変数には、ターゲットプラットフォームが使用する sshd サービスの名前が含まれます。ロールが sshd_install_service 変数を使用する場合は、これを使用してカスタムの sshd サービスの名前を設定することもできます。
sshd_verify_hostkeys
デフォルトは auto です。auto に設定すると、生成された設定ファイルに存在するホストキーがすべて一覧表示され、存在しないパスが生成されます。また、パーミッションおよびファイルの所有者はデフォルト値に設定されます。これは、ロールがデプロイメント段階で使用され、サービスが最初の試行で起動できるようにする場合に便利です。このチェックを無効にするには、この変数を空のリスト [] に設定します。
sshd_hostkey_owner, sshd_hostkey_group, sshd_hostkey_mode
これらの変数を使用して、sshd_verify_hostkeys からホストキーの所有権とパーミッションを設定します。
sshd_sysconfig
RHEL ベースのシステムでは、この変数は sshd サービスに関する追加情報を設定します。true に設定すると、このロールは以下の設定に基づいて /etc/sysconfig/sshd 設定ファイルも管理します。デフォルトは false です。
sshd_sysconfig_override_crypto_policy
RHEL では、true に設定すると、この変数はシステム全体の暗号化ポリシーを上書きします。デフォルトは false です。
sshd_sysconfig_use_strong_rng
RHEL ベースのシステムでは、この変数により、sshd は、引数として指定されたバイト数を使用して、openssl 乱数ジェネレーターを強制的に再シードすることができます。デフォルトは 0 で、この機能を無効にします。システムにハードウェア乱数ジェネレーターがない場合は、この機能を有効にしないでください。