Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

7.7. ゾーン間で転送されるトラフィックのフィルタリング

ポリシーオブジェクトを使用すると、ユーザーはポリシーで同様のパーミッションを必要とする異なるアイデンティティーをグループ化できます。トラフィックの方向に応じてポリシーを適用できます。

ポリシーオブジェクトpolicy objects 機能は、firewalld で正引きフィルターと出力フィルターを提供します。ここでは、firewalld を使用して、異なるゾーンのトラフィックをフィルタリングし、ローカルでホストされている仮想マシンへのアクセスを許可してホストに接続する方法を説明します。

7.7.1. ポリシーオブジェクトとゾーンの関係

ポリシーオブジェクトを使用すると、サービス、ポート、リッチルールなどの firewalld のプリミティブをポリシーに割り当てることができます。ポリシーオブジェクトは、ステートフルおよび一方向の方法でゾーン間を通過するトラフィックに適用することができます。

# firewall-cmd --permanent --new-policy myOutputPolicy

# firewall-cmd --permanent --policy myOutputPolicy --add-ingress-zone HOST

# firewall-cmd --permanent --policy myOutputPolicy --add-egress-zone ANY

HOST および ANY は、入出力ゾーンリストで使用されるシンボリックゾーンです。

  • HOST シンボリックゾーンは、firewalld を実行しているホストから発信されるトラフィック、またはホストへの宛先を持つトラフィックのポリシーを許可します。
  • ANY シンボリックゾーンは、現行および将来のすべてのゾーンにポリシーを適用します。ANYシンボリックゾーンは、すべてのゾーンのワイルドカードとして機能します。