6.2. Ansible を使用した IdM サーバーのバックアップの作成

以下の手順では、Ansible Playbook の ipabackup ロールを使用して IdM サーバーのバックアップを作成し、IdM サーバーに保存する方法を説明します。

前提条件

  • 以下の要件を満たす Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.8 以降を使用している。
    • ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • このオプションを設定する IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) でAnsible インベントリーファイルを作成している。
    • Ansible インベントリーファイルは ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーにあります。

手順

  1. ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks ディレクトリーにある backup-server.yml ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/backup-server.yml backup-my-server.yml
  3. backup-my-server.yml Ansible Playbook ファイルを開いて編集します。
  4. hosts 変数は、インベントリーファイルから hosts グループに設定して、ファイルを調整します。この例では、ipaserver ホストグループに設定します。

    ---
    - name: Playbook to backup IPA server
      hosts: ipaserver
      become: true
    
      roles:
      - role: ipabackup
        state: present
  5. ファイルを保存します。
  6. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i ~/MyPlaybooks/inventory backup-my-server.yml

検証手順

  1. バックアップした IdM サーバーにログインします。
  2. バックアップが /var/lib/ipa/backup ディレクトリーにあることを確認します。

    [root@server ~]# ls /var/lib/ipa/backup/
    ipa-full-2021-04-30-13-12-00

関連情報

  • ipabackup ロールを使用する他の Ansible Playbook の例は、以下を参照してください。

    • /usr/share/doc/ansible-freeipa/roles/ipabackup ディレクトリーREADME.md ファイルこのファイルには ipabackup 変数の定義も含まれます。
    • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/ ディレクトリー。