第5章 IdM バックアップによるデータ損失の準備

IdM は、IdM データをバックアップする ipa-backup ユーティリティーと、そのバックアップからサーバーおよびデータを復元する ipa-restore ユーティリティーを提供します。

本セクションでは、以下のトピックについて説明します。

注記

Red Hat は、すべてのサーバーロール (特に、環境が統合 IdM CA を使用する場合は認証局 (CA) ロール) がインストールされた 非表示のレプリカ でバックアップを必要な頻度で実行することが推奨されます。「IdM 非表示レプリカのインストール」を参照してください。

5.1. IdM バックアップタイプ

ipa-backup ユーティリティーを使用すると、2 種類のバックアップを作成できます。

サーバーのフルバックアップ
  • IdM に関連するすべてのサーバー設定ファイルと、LDAP データ交換形式 (LDIF) ファイルにある LDAP データがすべて 含ま れます。
  • IdM サービスは オフライン である必要があります。
  • IdM デプロイメントをゼロから再構築するのに 適し ています。
データのみのバックアップ
  • LDIF ファイルの LDAP データとレプリケーション変更ログが 含まれ ます。
  • IdM サービスは、オンラインまたはオフライン にできます。
  • IdM データを以前の状態に復元するのに 適し ています。