Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.6. レプリカトポロジーの例

以下の図は、信頼できるトポロジーを作成するガイドラインに基づく Identity Management (IdM) トポロジーの例を示しています。

レプリカトポロジー例 1 には 4 つのデータセンターがあり、各データセンターに 4 つのサーバーがあります。このサーバーは、レプリカ合意に接続しています。

図3.2 レプリカトポロジーの例 1

4 つのデータセンターを示す図: Geo 1 から 4各データセンターには、レプリカ合意を使用して相互に接続する 4 つのサーバーがあります。また、Geo 1 から 2 つのサーバーに 2 つのサーバーに接続するレプリカ合意もあります。このパターンは、Geo 3 と Geo 3 のサーバー 2 台から Geo 4 に接続した 2 台のサーバーに Geo 2 のサーバーを使用します。これにより、各サーバーが他の Geo から離れた 3 ホップになるように、各データセンターが接続します。



レプリカトポロジー例 2には、所有するサーバー数が異なる 3 つのデータセンターが表示されます。このサーバーは、レプリカ合意に接続しています。

図3.3 レプリカトポロジーの例 2

3 つのデータセンターの図: Geo 1 には、相互に接続された 5 つのサーバーがあります。Geo 2 には、互いに接続された 2 つのサーバーがあります。Geo 3 のサーバーは三角関係で 3 つのサーバーに接続されます。各 Geo から 2 つのサーバーが次の Geo のサーバーに接続する 2 つの接続があります。