Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

7.9. IdM WebUI での POSIX ID 範囲の自動プライベートグループマッピングの有効化

デフォルトでは、SSSD は、AD に保存されている POSIX データに依存する POSIX 信頼を確立している場合は、Active Directory(AD) ユーザーのプライベートグループをマッピングしません。AD ユーザーにプライマリーグループが設定されていない場合、IdM はこれを解決できません。

この手順では、Identity Management(IdM)WebUI の auto_private_groups SSSD パラメーター の hybrid オプションを設定して、ID 範囲の自動プライベートグループマッピングを有効にする方法を説明します。これにより、IdM は、AD にプライマリーグループが設定されていない AD ユーザーを解決できます。

前提条件

  • IdM 環境と AD 環境との間で、POSIX フォレスト間の信頼が正常に確立されました。

手順

  1. ユーザー名とパスワードを使用して IdM Web UI にログインします。
  2. IPA ServerID Ranges タブを開きます。
  3. AD.EXAMPLE.COM_id_range など、変更する ID 範囲を選択します。
  4. Auto private groups ドロップダウンメニューから、hybrid オプションを選択します。

    Screenshot of the ID Ranges tab of the IPA Server section of the IdM WebUI. A user selects the hybrid option from the Auth private groups dropdown menu.

  5. Save ボタンをクリックして変更を保存します。