Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第6章 AD を使用した統合の計画

以下のセクションでは、Red Hat Enterprise Linux と Active Directory (AD) を統合するためのオプションを紹介します。

6.1. 直接的な統合

直接統合では、Linux システムは、Active Directory (AD) に直接接続されています。次の種類の統合が可能です。

System Security Services Daemon (SSSD) との統合

SSSD は、Linux システムをさまざまな ID および認証ストア (AD、Identity Management (IdM)、もしくは汎用の LDAP サーバーまたは Kerberos サーバー) に接続できます。

SSSD の統合に関する重要な要件

  • AD と統合すると、SSSD は、デフォルトで 1 つの AD フォレスト内でのみ機能します。マルチフォレストを設定する場合は、ドメインのエミュレーションを手動で設定します。
  • idmap_ad プラグインがリモートフォレストユーザーを正常に処理するには、リモートの AD フォレストがローカルフォレストを信頼する必要があります。

SSSD は、直接統合と間接統合の両方に対応します。また、莫大な移行コストをかけずに、ある統合アプローチから別のアプローチへ切り替えることもできます。

Samba Winbind との統合

Samba スイートの Winbind コンポーネントは、Linux システムで Windows クライアントをエミュレートし、AD サーバーと通信します。

Samba Winbind の統合に関する重要な要件

  • マルチフォレストの AD 設定における Winbind との直接統合は、双方向の信頼が必要になります。
  • リモートの AD ドメインユーザーに関する完全な情報を idmap_ad プラグインで使用できるようにするには、Linux システムのローカルドメインから、ユーザーが所属するリモートの AD フォレスト内ドメインへの双方向パスが存在する必要があります。

推奨事項

  • SSSD は、AD 統合のほとんどのユースケースに対応し、クライアントシステムとさまざまな ID および認証プロバイダー (AD、IdM、Kerberos、および LDAP) との間の汎用ゲートウェイとして堅牢なソリューションを提供します。
  • Samba FS をデプロイする予定の AD ドメインメンバーサーバーへのデプロイには、Winbind が推奨されます。