Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第1章 RHEL における IdM およびアクセス制御の計画の概要

本セクションでは、Red Hat Enterprise Linux における ID 管理 (IdM) およびアクセス制御のオプションの概要を説明します。本セクションを読むことで、お使いの環境に合わせた計画の準備が行えます。

1.1. IdM の概要

本モジュールでは、Red Hat Enterprise Linux における Identity Management (IdM) の目的を説明します。また、IdM ドメイン (およびこのドメインに含まれるクライアントおよびサーバーのマシン) に関する基本的な情報も提供します。

Red Hat Enterprise Linux における IdM の目的

Red Hat Enterprise Linux の IdM は、Linux ベースのドメイン内で ID ストア、認証ポリシー、および認可ポリシーを一元管理する方法を提供します。IdM は、異なるサービスを個別に管理するオーバーヘッドと、異なるマシンで異なるツールを使用するオーバーヘッドを大幅に削減します。

IdM は、以下に対応する数少ない集中型 ID、ポリシー、および認証ソフトウェアです。

  • Linux オペレーティングシステム環境の高度な機能
  • Linux マシンの大規模なグループの一元化
  • Active Directory とのネイティブな統合

IdM は、Linux ベースおよび Linux 制御のドメインを作成します。

  • IdM は、既存のネイティブ Linux ツールとプロトコルを基盤とします。独自のプロセスと設定がありますが、その基盤となる技術は Linux システムで十分に確立されおり、Linux 管理者から信頼されています。
  • IdM サーバーおよびクライアントは Red Hat Enterprise Linux マシンです。IdM クライアントは、標準プロトコルに対応してさえいれば別の Linux および UNIX のディストリビューションにすることもできます。Windows クライアントは IdM ドメインのメンバーにはなれませんが、Active Directory (AD) が管理する Windows システムにログインしているユーザーは、Linux クライアントに接続したり、IdM が管理するサーバーにアクセスしたりできます。これは、AD ドメインと IdM ドメインとの間に、フォレスト間の信頼関係を確立することで実現します。

複数の Linux サーバーにおける ID およびポリシーの管理

IdM を使用しない場合 - 各サーバーが個別に管理されます。パスワードはすべてローカルマシンに保存されます。IT 管理者は、すべてのマシンでユーザーを管理し、認証ポリシーおよび認可ポリシーを別々に設定し、ローカルパスワードを維持します。ただし、多くの場合は、AD を用いた直接統合など、その他の集中型ソリューションを使用することになります。システムは、複数のソリューションを使用して AD に直接統合できます。

  • レガシーの Linux ツール (使用は推奨されません)
  • Samba winbind に基づくソリューション (特定のユースケースでのみ推奨)
  • サードパーティー製ソフトウェアに基づくソリューション (通常は、他のベンダーのライセンスが必要)
  • SSSD に基づくソリューション (ネイティブ Linux と、ほとんどのユースケースに推奨)

IdM を使用する場合 - IT 管理者は以下が可能になります。

  • ID を一か所で管理 - IdM サーバー
  • 複数のマシンで同時にポリシーを均一に適用
  • ホストベースのアクセス制御、委譲などのルールを使用してユーザーに異なるアクセスレベルを設定
  • 権限昇格ルールの一元管理
  • ホームディレクトリーのマウント方法の定義

エンタープライズ SSO

IdM Enterprise の場合、シングルサインオン (SSO) は Kerberos プロトコルを使用して実装されます。このプロトコルは、インフラストラクチャーレベルで一般的であり、SSH、LDAP、NFS、CUPS、DNS などのサービスで SSO を有効にします。別の Web スタック (Apache、EAP、Django など) を使用した Web サービスでも、SSO に Kerberos を使用できます。ただし、実際には、Web アプリケーションには SSO を基にした OpenID Connect または SAML を使用する方が便利です。2 つの層をブリッジするには、Kerberos 認証を OpenID Connect チケットまたは SAML アサーションに変換できる Identity Provider (IdP) ソリューションをデプロイすることが推奨されます。Red Hat の SSO 技術は、このような IdP の例における Keycloak オープンソースプロジェクトに基づいています。

IdM を使用しない場合 - ユーザーはシステムにログインし、サービスやアプリケーションにアクセスする度にパスワードを求められます。これらのパスワードは異なる場合もあるため、アプリケーションごとに使用する認証情報を覚えている必要があります。

IdM を使用する場合 - システムにログインすると、認証情報を繰り返し聞かれることなく、複数のサービスやアプリケーションにアクセスできます。これにより、以下が可能になります。

  • ユーザービリティーの向上
  • パスワードを書き留めたり安全でない場所に保存したりすることによるセキュリティーリスクの低減
  • ユーザーの生産性向上

Linux と Windows の混合環境の管理

IdM を使用しない場合 - Windows システムは AD フォレストで管理されますが、開発、実稼働環境などのチームは Linux システムを多数使用します。Linux システムは、AD 環境から除外されます。

IdM を使用する場合 - IT 管理者は以下が可能になります。

  • ネイティブの Linux ツールを使用して Linux システムを管理する
  • Active Directory により一元管理されている環境に Linux システムを統合して、一元管理されたユーザーストアを保護する
  • 規模に応じて、または必要に応じて、新しい Linux システムを簡単にデプロイする
  • 他のチームに依存することなく遅延を回避しながら、ビジネスニーズに迅速に対応し、Linux インフラストラクチャーの管理に関連する決定を下す

IdM と標準 LDAP ディレクトリーの比較

Red Hat Directory Server などの標準 LDAP ディレクトリーは汎用ディレクトリーで、幅広いユースケースに適用するようにカスタマイズできます。

  • スキーマー - ユーザー、マシン、ネットワークエンティティー、物理的設備、建物といった非常に幅広いエントリー用にカスタマイズ可能な柔軟性のあるスキーマー
  • 典型的な使用例 - インターネット上でサービスを提供するビジネスアプリケーションなど、他のアプリケーションのデータを保存するバックエンドのディレクトリー

IdM には、企業内 ID と、その ID に関連する認証ポリシーおよび認可ポリシーを管理するという特定の目的があります。

  • スキーマー - ユーザーやマシンの ID のエントリーといった特定の目的に関連するエントリーセットを定義する特定のスキーマ
  • 典型的な使用例 - 企業やプロジェクトの境界内におけるアイデンティティーを管理する ID および認証サーバー

Red Hat Directory Server と IdM では、基礎となるディレクトリーサーバーの技術は同じです。ただし、IdM は企業内の ID 管理用に最適化されています。これにより全般的な拡張性は制限されますが、シンプルな設定、リソース管理の自動化の改善、企業の ID 管理における効率性の向上などの利点がもたらされます。

関連情報