第13章 インストール時のドライバーの更新

本セクションは、Red Hat Enterprise Linux インストールプロセス時にドライバーの更新を完了する方法を説明します。

注記

これは、インストールプロセスの任意の手順です。Red Hat は、必要な場合を除いて、ドライバーの更新は行わないことをお勧めします。

13.1. 前提条件

Red Hat、ハードウェアベンダー、または信頼できるサードパーティーベンダーから、Red Hat Enterprise Linux のインストール時に、ドライバー更新が必要になることが通知されている。

13.2. 概要

Red Hat Enterprise Linux は、多数のハードウェアデバイス用のドライバーに対応していますが、新たにリリースしたドライバーには対応していない可能性があります。ドライバーの更新は、そのドライバーが対応していないために、インストールが完了できない場合に限り、実行する必要があります。インストール中にドライバーを更新することは、通常、特定の設定に対応する場合に限り必要になります。たとえば、システムのストレージデバイスへのアクセスを提供するストレージアダプター用ドライバーをインストールします。

警告

ドライバー更新ディスクは、競合するカーネルドライバーを無効にする場合があります。この方法でカーネルモジュールをアンロードすると、インストールエラーが発生することがあります。

13.3. ドライバー更新の種類

Red Hat、ハードウェアベンダー、信頼できるサードパーティーは、ドライバー更新を ISO イメージファイルとして提供します。ISO イメージファイルを受け取ったら、ドライバー更新の種類を選択してください。

ドライバー更新の種類

自動
推奨されるドライバーの更新方法です。OEMDRV とラベルが付いたストレージデバイス (CD、DVD、または USB フラッシュドライブ) が、そのシステムに物理的に接続されます。インストールの開始時に、OEMDRV ストレージデバイスが存在する場合は、それがドライバー更新ディスクのように扱われ、インストールプログラムはそのドライバーを自動的に読み込みます。
アシスト付き
このインストールプログラムは、ドライバーの更新を指定するように促します。OEMDRV 以外の任意のローカルストレージデバイスラベルを使用できます。インストールを開始するときに、inst.dd ブートオプションが指定されます。このオプションにパラメーターを付けずに使用すると、インストールプログラムはシステムに接続されているすべてのストレージデバイスを表示し、ドライバー更新を含むデバイスを選択するように促します。
手動
ドライバー更新イメージまたは RPM パッケージのパスを手動で指定します。OEMDRV 以外のラベルを持つ任意のローカルストレージ、またはインストールシステムからアクセス可能なネットワークの場所を使用できます。inst.dd=location 起動オプションは、インストールの開始時に指定しますが、location は、ドライバー更新ディスクまたは ISO イメージのパスになります。このオプションを指定すると、インストールプログラムは特定の場所にあるドライバー更新を読み込みます。手動でドライバーを更新する場合は、ローカルストレージデバイス、またはネットワークの場所 (HTTP、HTTPS、または FTP サーバー) を指定できます。
注記
  • inst.dd=locationinst.dd の両方を同時に使用できます。location は、ドライバー更新ディスクまたは ISO イメージのパスになります。このシナリオでは、インストールプログラムは、その場所から、利用可能なドライバーの更新を読み込み、ドライバーの更新が含まれるデバイスを選択するように求められます。
  • ネットワークの場所からドライバーの更新を読み込むときは、ip= option を使用してネットワークを初期化します。

制限

セキュアブート技術を使用する UEFI システムでは、すべてのドライバーが有効な証明書で署名されている必要があります。Red Hat ドライバーは、Red Hat の秘密鍵のいずれかで署名され、カーネルで対応する公開鍵により認証されます。追加で別のドライバーを読み込む場合は、それが署名されていることを確認してください。

13.4. ドライバー更新の準備

この手順では、CD および DVD でドライバー更新の準備を行う方法を説明します。

前提条件

  • Red Hat、ハードウェアベンダー、または信頼できるサードパーティーベンダーから、ドライバー更新用 ISO イメージを受け取っている。
  • ドライバー更新用 ISO イメージを、CD または DVD に書き込んでいる。
警告

CD または DVD で、.iso で終了する ISO イメージファイルが 1 つしか利用できない場合、書き込み処理は成功していません。CD または DVD に ISO イメージを作成する方法は、システムの書き込みソフトウェアのドキュメントを参照してください。

手順

  1. ドライバー更新用 CD または DVD をシステムの CD/DVD ドライブに挿入し、システムのファイルマネージャーツールで参照します。
  2. rhdd3 ファイルが 1 つ利用できることを確認してください。rhdd3 は、ドライバーの説明が含まれる署名ファイルと、ディレクトリーの rpms です。このディレクトリーには、さまざまなアーキテクチャー用のドライバーが同梱される RPM パッケージが含まれます。

13.5. 自動ドライバー更新の実行

この手順では、インストール時にドライバーの自動更新を行う方法を説明します。

前提条件

  • OEMDRV ラベルの付いた標準のディスクパーティションにドライバーの更新イメージを置くか、OEMDRV ドライバー更新イメージを CD または DVD に作成します。RAID や LVM ボリュームなどの高度なストレージは、ドライバーの更新プロセス中はアクセスできない可能性があります。
  • インストールプロセスを開始する前に、ボリュームラベル OEMDRV が付いたブロックデバイスをシステムに接続しているか、事前に準備した CD または DVD をシステムの CD/DVD ドライブに挿入している。

手順

  1. 前提条件の手順が完了して、インストールプログラムが起動すると、ドライバーが自動的に読み込まれ、インストールプロセス時にシステムにインストールされます。

13.6. アシスト付きドライバー更新の実行

この手順では、インストール時に、ドライバーのアシスト付き更新を行う方法を説明します。

前提条件

インストールプロセスを開始する前に、ボリュームラベル OEMDRV がないブロックデバイスをシステムに接続し、ドライバーのディスクイメージをこのデバイスにコピーしているか、ドライバー更新 CD または DVD を準備し、システムの CD/DVD ドライブに挿入している。

注記

CD または DVD に ISO イメージファイルを書き込んだにもかかわらず、OEMDRV ボリュームラベルがない場合は、引数を追加せずに inst.dd オプションを使用できます。インストールプログラムは、CD または DVD からドライバーをスキャンして選択するオプションを提供します。このシナリオでは、インストールプログラムから、ドライバー更新用 ISO イメージを選択するように求められません。別のシナリオでは、起動オプション inst.dd=location で CD または DVD を使用します。これにより、インストールプログラムが、ドライバー更新に CD または DVD を自動的にスキャンできるようになります。詳細は「手動によるドライバー更新の実行」を参照してください。

手順

  1. ブートメニューウィンドウで Tab キーを押して、ブートコマンドラインを表示します。
  2. 起動オプション inst.dd をコマンドラインに追加し、Enter を押して起動プロセスを実行します。
  3. メニューから、ローカルディスクパーティション、もしくは CD デバイスまたは DVD デバイスを選択します。インストールプログラムが ISO ファイル、または ドライバー更新 RPM パッケージをスキャンします。
  4. 必要に応じて、ドライバー更新 ISO ファイルを選択してください。

    注記

    選択したデバイスまたはパーティション (ドライバー更新 CD または DVD を含む光学ドライブなど) に、ISO イメージファイルではなく、ドライバー更新 RPM パッケージが含まれる場合は、この手順は必要ありません。

  5. 必要なドライバーを選択します。

    1. キーボードの数字キーを使用して、ドライバー選択を切り替えます。
    2. c を押して、選択したドライバーをインストールします。選択したドライバーが読み込まれ、インストールプロセスが始まります。

13.7. 手動によるドライバー更新の実行

この手順では、インストール時にドライバーを手動で更新する方法を説明します。

前提条件

  • USB フラッシュドライブまたは Web サーバーに、ドライバー更新用 ISO イメージファイルを置き、それをコンピューターに接続している。

手順

  1. ブートメニューウィンドウで Tab キーを押して、ブートコマンドラインを表示します。
  2. inst.dd=location 起動オプションをコマンドに追加します。場所は、ドライバー更新のファイルがある場所です。通常、イメージファイルは Web サーバー (http://server.example.com/dd.iso など) または USB フラッシュドライブ (/dev/sdb1 など) に置きます。ドライバー更新を含む RPM パッケージ (http://server.example.com/dd.rpm など) を指定することもできます。
  3. Enter を押して、起動プロセスを実行してください。指定した場所で利用可能なドライバーが自動的に読み込まれ、インストールプロセスが始まります。

関連情報

  • inst.dd 起動オプションの参照は、アップストリームの「inst.dd boot option」を参照してください。
  • すべての起動オプションの詳細は、アップストリームの「Boot Options」を参照してください。

13.8. ドライバーの無効

この手順では、誤動作しているドライバーを無効にする方法を説明します。

前提条件

  • インストールプログラムブートメニューを起動している。

手順

  1. ブートメニューウィンドウで Tab キーを押して、ブートコマンドラインを表示します。
  2. 起動オプション modprobe.blacklist=driver_name をコマンドラインに追加します。
  3. driver_name を、無効にするドライバーの名前に置き換えます。以下に例を示します。

    modprobe.blacklist=ahci

    起動オプション modprobe.blacklist= を使用して無効にしたドライバーは、インストール済みシステムで無効になり、/etc/modprobe.d/anaconda-blacklist.conf ファイルに表示されます。

  4. Enter を押して、起動プロセスを実行してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。