16.11. 削除済みの起動オプション

本セクションでは、Red Hat Enterprise Linux から削除された起動オプションを説明します。

注記

dracut では、高度な起動オプションを利用できます。dracut の詳細は、man ページの dracut.cmdline(7) を参照してください。

askmethod、asknetwork
initramfs は完全に非対話的に実行されるため、askmethodasknetwork のオプションは削除されました。代わりに、inst.repo を使用して、適切なネットワークオプションを指定します。
blacklist、nofirewire
modprobe オプションは、カーネルモジュールのブラックリストを処理し、.modprobe.blacklist=<mod1>,<mod2> を使用します。modprobe.blacklist=firewire_ohci を使用して、FireWire モジュールをブラックリストに入れることができます。
inst.headless=
headless= オプションでは、インストールしているシステムにディスプレイハードウェアがなく、インストールプログラムがディスプレイハードウェアを検索する必要がないことを指定しています。
inst.decorated
inst.decorated オプションは、装飾画面でのグラフィカルインストールの指定に指定されていまいた。デフォルトでは、この画面は装飾されないため、タイトルバーやサイズ変更などの機能はありません。このオプションは不要になりました。
serial
console=ttyS0 オプションを指定します。
updates
inst.updates オプションを指定します。
essid、wepkey、wpakey
dracut はワイヤレスネットワークをサポートしません。
ethtool
このオプションは不要になりました。
gdb
dracut ベースの initramfs のデバッグに利用できるオプションが多数あるため、このオプションは削除されました。
inst.mediacheck
dracut オプションの rd.live.check オプション指定してください。
ks=floppy
inst.ks=hd:<device> オプションを指定します。
display
UI のリモートディスプレイには、inst.vnc オプションを指定します。
utf8
このオプションは、デフォルトの TERM 設定が期待通りに動作するため、不要になりました。
noipv6
IPv6 はカーネルに組み込まれたため、インストールプログラムによる削除はできません。ipv6.disable=1 を使用して ipv6 を無効にすることができます。この設定は、インストール済みシステムによって使用されます。
upgradeany
インストールプログラムがアップグレードを処理しなくなるため、このオプションは不要になりました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。