第10章 キックスタートを使用した CDN を介した RHEL の登録およびインストール

本セクションでは、キックスタートを使用して、システムを登録し、RHEL サブスクリプションを割り当て、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールする方法を説明します。

10.1. CDN から RHEL の登録およびインストール

この手順に従って、システムを登録して、RHEL サブスクリプションを割り当て、キックスタートコマンドの rhsm を使用して Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールします。これは、syspurpose コマンドと Red Hat Insights に対応しています。キックスタートコマンド rhsm は、システムの登録時にカスタムの %post スクリプトを使用する要件を削除します。

重要

CDN 機能は、Boot ISO および Binary DVD ISO のイメージファイルでサポートされています。ただし、Boot ISO イメージファイルのインストールソースのデフォルトは CDN であるため、Boot ISO イメージファイルを使用することが推奨されます。

前提条件

  • CDN にアクセスできるネットワークに接続されている。
  • キックスタートファイルを作成し、リムーバブルメディア、ハードドライブ、ならびに HTTP (S) サーバー、FTP サーバー、または NFS サーバーに置いたインストールプログラムで使用できるようにしてある。
  • インストールするシステムからアクセス可能な場所にキックスタートファイルがある。
  • インストールを開始するのに使用する起動用メディアを作成し、インストールプログラムでインストールソースを利用できるようにしてある。
重要
  • システム登録後に使用されるインストールソースリポジトリーは、システムの起動方法により異なります。詳細は、『標準的な RHEL インストールの実行』「システム登録後のインストールソースリポジトリー」セクションを参照してください。
  • サブスクリプションは、システムがアクセスできる CDN サブセットとリポジトリーを管理するため、キックスタートファイルではリポジトリー設定は必要ありません。

手順

  1. キックスタートファイルを開きます。
  2. このファイルに、rhsm キックスタートコマンドとそのオプションを追加します。

    組織 (必須)

    組織 ID を入力します。以下に例を示します。

    --organization=1234567
    注記

    セキュリティー上の理由から、CDN から登録してインストールする場合、Red Hat のユーザー名およびパスワードアカウントの詳細はキックスタートでは対応していません。

    アクティベーションキー (必須)

    アクティベーションキーを入力します。サブスクリプションにアクティベーションキーが登録されている限り、複数の鍵を使用できます。以下に例を示します。

    --activation-key="Test_key_1" --activation-key="Test_key_2"
    Red Hat Insights (任意)

    ターゲットシステムを Red Hat Insights に接続します。

    注記

    Red Hat Insights は SaaS (Software-as-a-Service) 製品で、継続的に、登録済みの Red Hat ベースのシステムに詳細な分析を提供し、物理環境、仮想環境、クラウド環境、およびコンテナーデプロイメントでセキュリティー、パフォーマンス、および安定性に関する脅威をプロアクティブに特定します。GUI 設定とは異なり、キックスタートの使用時には、Red Hat Insights への接続がデフォルトで有効になっていません。

    以下に例を示します。

    --connect-to-insights
    HTTP プロキシー (任意)

    HTTP プロキシーを設定します。以下に例を示します。

    --proxy="user:password@hostname:9000"
    注記

    ホスト名のみが必須です。認証のないデフォルトポートでプロキシーを実行する必要がある場合は、オプションが --proxy="hostname" になります。

    サーバーのホスト名 (任意)
    注記

    サーバーのホスト名には HTTP プロトコル (例: nameofhost.com) は必要ありません。

    Satellite Server を実行している場合、または内部テストを実行している場合は、サーバーのホスト名を設定します。以下に例を示します。

    --server-hostname="nameofhost.com"
    RHSM baseurl (任意)
    注記

    rhsm baseurl には HTTP プロトコル (例: http://nameofhost.com) が必要です。

    Satellite Server を実行している場合や、内部テストを実行している場合は、rhsm baseurl オプションを設定します。以下に例を示します。

    --rhsm-baseurl="http://nameofhost.com"
    システムの目的 (任意)

    次のコマンドを使用して、システムの目的のロール、SLA、使用方法を設定します。

    syspurpose --role="Red Hat Enterprise Linux Server" --sla="Premium" --usage="Production"

    次の例では、すべてのキックスタートコマンドの rhsm オプションを含む最小限のキックスタートファイルを表示しています。

    graphical
    lang en_US.UTF-8
    keyboard us
    rootpw 12345
    timezone America/New_York
    zerombr
    clearpart --all --initlabel
    autopart
    syspurpose --role="Red Hat Enterprise Linux Server" --sla="Premium" --usage="Production"
    rhsm --organization="12345" --activation-key="test_key" --connect-to-insights --server-hostname="nameofhost.com"
    --rhsm-baseurl="http://nameofhost.com" --proxy="user:password@hostname:9000"
    %packages
    vim
    %end
  3. キックスタートファイルを保存し、インストールプロセスを開始します。

関連情報


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。