11.3. VNC Direct モードでのリモート RHEL インストールの実行

この手順では、VNC Direct モードで、リモート RHEL インストールを実行します。Direct モードでは、RHEL にインストールされているターゲットシステムへの接続を VNC ビューアーにより開始されることが想定されます。この手順では、VNC ビューアーを使用するシステムが、リモート システムと呼ばれます。RHEL インストールプログラムにより、リモートシステムの VNC ビューアーからターゲットシステムへの接続を開始することが求められます。

注記

以下の手順では、VNC ビューアーとして TigerVNC を使用します。その他のビューアーの手順は異なる場合がありますが、一般的な原則が適用されます。

前提条件

  • root として、以下のように、リモートシステムに VNC ビューアーをインストールしました。

    # yum install tigervnc
  • ネットワークブートサーバーを設定して、ターゲットシステムで起動しました。詳細は「ネットワークインストールの概要」を参照してください。

手順

  1. ターゲットシステムの RHEL ブートメニューから、キーボードの Tab キーを押して、起動オプションを編集します。
  2. inst.vnc オプションをコマンドラインの最後に追加します。

    1. インストールしているシステムに VNC アクセスを制限する場合は、コマンドラインの末尾に inst.vncpassword=PASSWORD 起動オプションを追加します。PASSWORD をインストールに使用するパスワードに置き換えます。VNC パスワードは 6 文字から 8 文字に設定する必要があります。

      重要

      inst.vncpassword= オプションには一時的なパスワードを使用してください。既存のパスワードまたは root パスワードは指定しないでください。

  3. Enter を押してインストールを開始します。ターゲットシステムはインストールプログラムを初期化し、必要なサービスを開始します。システムの準備ができると、システムの IP アドレスとポート番号を示すメッセージが表示されます。
  4. リモートシステムで VNC ビューアーを開きます。
  5. VNC サーバー フィールドに IP アドレスとポート番号を入力します。
  6. Connect をクリックします。
  7. VNC パスワードを入力して、OK をクリックします。新しいウィンドウが開き、VNC 接続が確立され、RHEL インストールメニューが表示されます。このウィンドウから、グラフィカルユーザーインターフェースを使用して、ターゲットシステムに RHEL をインストールできます。

関連情報


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。