付録C パーティション設定の参照

C.1. 対応デバイスの種類

標準パーティション
標準パーティションには、ファイルシステムまたは swap 領域を使用できます。標準パーティションは、/bootBIOS Boot、および EFI System パーティション で最も一般的に使用されます。その他のほとんどの用途には、LVM 論理ボリュームが推奨されます。
LVM
デバイスタイプに LVM (または論理ボリューム管理) を選択すると、LVM 論理ボリュームが作成されます。現在 LVM ボリュームグループが存在しない場合は、新しいボリュームを含む LVM ボリュームグループが自動的に作成されます。LVM ボリュームグループが存在する場合は、そのボリュームが割り当てられます。LVM は、物理ディスクを使用する際にパフォーマンスを向上できます。また、パフォーマンスや信頼性、またはその両方を向上させるために、高度な設定 (1 つのマウントポイントに複数の物理ディスクの使用、ソフトウェア RAID の設定など) が可能になります。
LVM シンプロビジョニング
シンプロビジョニングを使用すると、シンプールと呼ばれる、空き領域のストレージプールを管理でき、アプリケーションで必要になった時に任意の数のデバイスに割り当てることができます。ストレージ領域の割り当ての費用対効果を高くする必要がある場合は、プールを動的に拡張できます。
警告

インストールプログラムは、オーバープロビジョニングの LVM シンプールをサポートしていません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。