第5章 インストールプログラムでキックスタートファイルの準備

以下では、ターゲットシステムのインストールプログラムでキックスタートファイルを使用できるようにする方法を説明します。

5.1. ネットワークインストール用のポート

次の表は、ネットワークベースの各種インストールにファイルを提供するサーバーで開く必要があるポートの一覧です。

表5.1 ネットワークインストール用のポート

使用プロトコル開くべきポート

HTTP

80

HTTPS

443

FTP

21

NFS

2049、111、20048

TFTP

69

関連情報

5.2. NFS サーバーでキックスタートファイルの準備

この手順では、キックスタートスクリプトファイルを NFS サーバーに格納する方法を説明します。この方法を使用すると、キックスタートファイルに物理メディアを使用することなく、1 つのソースから複数のシステムをインストールできます。

前提条件

  • ローカルネットワークの Red Hat Enterprise Linux 8 でサーバーへの管理者レベルのアクセスがある。
  • インストールするシステムが、サーバーに接続できる。
  • サーバーのファイアウォールが、インストールするシステムからの接続を許可している。詳細は「ネットワークインストール用のポート」を参照してください。

手順

  1. root で以下のコマンドを実行して、nfs-utils パッケージをインストールします。

    # yum install nfs-utils
  2. キックスタートファイルを、NFS サーバーのディレクトリーにコピーします。
  3. テキストエディターで /etc/exports ファイルを開き、以下の構文で行を追加します。

    /exported_directory/ clients
  4. /exported_directory/ を、キックスタートファイルを保存しているディレクトリーのフルパスに置き換えます。clients の代わりに、この NFS サーバーからインストールするコンピューターのホスト名または IP アドレス、すべてのコンピューターが ISO イメージにアクセスするためのサブネットワーク、またはネットワークアクセスのあるコンピューターが NFS サーバーにアクセスして ISO イメージを使用できるようにする場合はアスタリスク記号 (*) を使用します。このフィールドの形式に関する詳細は、man ページの exports(5) を参照してください。

    /rhel8-install/ ディレクトリーを、すべてのクライアントに対する読み取り専用として使用できるようにする基本構成は次のようになります。

    /rhel8-install *
  5. /etc/exports ファイルを保存して、テキストエディターを終了します。
  6. nfs サービスを起動します。

    # systemctl start nfs-server.service

    /etc/exports ファイルに変更を加える前にサービスを稼働していた場合は、以下のコマンドを実行して、稼働中の NFS サーバーで設定を再ロードします。

    # systemctl reload nfs-server.service

    キックスタートファイルは NFS 経由でアクセス可能になり、インストールに使用できるようになりました。

注記

キックスタートソースを指定する場合は、プロトコルに nfs: を使用して、サーバーのホスト名または IP アドレス、コロン記号 (:)、およびそのファイルを保存しているディレクトリーを指定します。たとえば、サーバーのホスト名が myserver.example.com で、そのファイルを /rhel8-install/my-ks.cfg に保存した場合、指定するインストールソースの起動オプションは inst.ks=nfs:myserver.example.com:/rhel8-install/my-ks.cfg となります。

関連情報

5.3. HTTP サーバーまたは HTTPS サーバーで使用できるキックスタートファイルの準備

この手順では、キックスタートスクリプトファイルを HTTP サーバーまたは HTTPS サーバーに格納する方法を説明します。この方法を使用すると、キックスタートファイルに物理メディアを使用することなく、1 つのソースから複数のシステムをインストールできます。

前提条件

  • ローカルネットワークの Red Hat Enterprise Linux 8 でサーバーへの管理者レベルのアクセスがある。
  • インストールするシステムが、サーバーに接続できる。
  • サーバーのファイアウォールが、インストールするシステムからの接続を許可している。詳細は「ネットワークインストール用のポート」を参照してください。

手順

  1. root で次のコマンドを実行して、httpd パッケージをインストールします。

    # yum install httpd
    警告

    Apache Web サーバー設定で SSL セキュリティーが有効になっている場合は、TLSv1 プロトコルのみが有効で、SSLv2 と SSLv3 は無効になっていることを確認してください。POODLE SSL 脆弱性 (CVE-2014-3566) の影響を受けないようにするためです。詳細は https://access.redhat.com/solutions/1232413 を参照してください。

    重要

    自己署名証明書付きの HTTPS サーバーを使用する場合は、inst.noverifyssl オプションを指定してインストールプログラムを起動する必要があります。

  2. /var/www/html/ ディレクトリのサブディレクトリーに、HTTP(S) サーバーへのキックスタートファイルをコピーします。
  3. httpd サービスを起動します。

    # systemctl start httpd.service

    キックスタートファイルはアクセス可能になり、インストールとして使用できるようになりました。

    注記

    キックスタートファイルの場所を指定する場合は、プロトコルに http:// または https:// を使用して、サーバーのホスト名または IP アドレス、キックスタートファイルのパス (HTTP サーバーの root への相対パス) を指定します。たとえば、HTTP を使用して、サーバーのホスト名が myserver.example.com で、キックスタートファイルを /var/www/html/rhel8-install/my-ks.cfg にコピーした場合、指定するインストールソースは http://myserver.example.com/rhel8-install/my-ks.cfg となります。

関連情報

5.4. FTP サーバーでキックスタートファイルの準備

この手順では、キックスタートスクリプトファイルを FTP サーバーに格納する方法を説明します。この方法を使用すると、キックスタートファイルに物理メディアを使用することなく、1 つのソースから複数のシステムをインストールできます。

前提条件

  • ローカルネットワークの Red Hat Enterprise Linux 8 でサーバーへの管理者レベルのアクセスがある。
  • インストールするシステムが、サーバーに接続できる。
  • サーバーのファイアウォールが、インストールするシステムからの接続を許可している。詳細は「ネットワークインストール用のポート」を参照してください。

手順

  1. root で以下のコマンドを実行して、vsftpd パッケージをインストールします。

    # yum install vsftpd
  2. 必要に応じて、/etc/vsftpd/vsftpd.conf 設定ファイルをテキストエディターで開いて編集します。

    1. anonymous_enable=NO の行を anonymous_enable=YES に変更します。
    2. write_enable=YES の行を write_enable=NO に変更します。
    3. pasv_min_port=min_portpasv_max_port=max_port の行を追加します。min_port および max_port は、パッシブモードの FTP サーバーで使用されるポート番号の範囲に置き換えます (例: 10021 および 10031)。

      このステップは、各種のファイアウォール/NAT 設定を採用するネットワーク環境に必要です。

    4. オプションで、カスタムの変更を設定に追加します。利用可能なオプションは、man ページの vsftpd.conf(5) を参照してください。この手順では、デフォルトのオプションが使用されていることを前提としています。

      警告

      vsftpd.conf ファイルで SSL/TLS セキュリティーを設定している場合は、TLSv1 プロトコルのみを有効にし、SSLv2 と SSLv3 は無効にしてください。POODLE SSL 脆弱性 (CVE-2014-3566) の影響を受けないようにするためです。詳細は https://access.redhat.com/solutions/1234773 を参照してください。

  3. サーバーのファイアウォールを設定します。

    1. ファイアウォールを有効にします。

      # systemctl enable firewalld
      # systemctl start firewalld
    2. 直前の手順の FTP ポートおよびポート範囲のファイアウォールで有効にします。

      # firewall-cmd --add-port min_port-max_port/tcp --permanent
      # firewall-cmd --add-service ftp --permanent
      # firewall-cmd --reload

      min_port-max_port を、/etc/vsftpd/vsftpd.conf 設定ファイルに入力したポート番号に置き換えます。

  4. /var/ftp/ ディレクトリーまたはそのサブディレクトリーに、FTP サーバーへのキックスタートファイルをコピーします。
  5. 正しい SELinux コンテキストとアクセスモードがファイルに設定されていることを確認してください。

    # restorecon -r /var/ftp/your-kickstart-file.ks
    # chmod 444 /var/ftp/your-kickstart-file.ks
  6. vsftpd サービスを開始します。

    # systemctl start vsftpd.service

    /etc/vsftpd/vsftpd.conf ファイルを変更する前から、このサービスがすでに実行されていた場合は、サービスを再起動して必ず編集後のファイルを読み込ませてください。

    # systemctl restart vsftpd.service

    vsftpd サービスを有効にして、システムの起動プロセス時に開始するようにします。

    # systemctl enable vsftpd

    キックスタートファイルはアクセス可能になり、同じネットワークのシステムからのインストールとして使用できるようになりました。

    注記

    インストールソースを設定するには、プロトコルに ftp:// を使用して、サーバーのホスト名または IP アドレス、キックスタートファイルのパス (FTP サーバーの root への相対パス) を指定します。たとえば、サーバーのホスト名が myserver.example.com で、ファイルを /var/ftp/my-ks.cfg にコピーした場合、指定するインストールソースは ftp://myserver.example.com/my-ks.cfg となります。

5.5. ローカルボリュームでキックスタートファイルの準備

この手順では、インストールするシステムのボリュームにキックスタートスクリプトファイルを保存する方法を説明します。この方法により、別のシステムは必要なくなります。

前提条件

  • USB スティックなど、インストールするマシンに移動できるドライブがある。
  • ドライブに、インストールプログラムで読み込むことができるパーティションが含まれている。対応しているタイプは、ext2ext3ext4xfs、および fat です。
  • ドライブがシステムに接続している必要があり、そのボリュームがマウントされている。

手順

  1. ボリューム情報の一覧を表示し、キックスタートファイルをコピーするボリュームの UUID をメモします。

    # lsblk -l -p -o name,rm,ro,hotplug,size,type,mountpoint,uuid
  2. ボリュームのファイルシステムに移動します。
  3. このファイルシステムのルートにキックスタートファイルをコピーします。
  4. inst.ks= オプションを使用して後で使用する文字列をメモしておきます。この文字列の形式は hd:UUID=volume-UUID:path/to/kickstart-file.cfg です。パスは、ファイルシステムシステム階層の / (root) ではなく、ファイルシステムの root に相対的になります。volume-UUID を、上記の UUID に置き換えます。
  5. ドライブボリュームのマウントをすべて解除します。

    # umount /dev/xyz ...

    スペースで区切って、コマンドにすべてのボリュームを追加します。

5.6. 自動読み込みのローカルボリュームでキックスタートファイルを使用可能に

特別な名前が付けられたキックスタートファイルを、インストールするシステムで特別な名前が付けられたボリュームの root に置くことができます。これにより、別のシステムが必要なくなり、インストールプログラムが自動的にファイルを読み込むことができるようになります。

前提条件

  • USB スティックなど、インストールするマシンに移動できるドライブがある。
  • ドライブに、インストールプログラムで読み込むことができるパーティションが含まれている。対応しているタイプは、ext2ext3ext4xfs、および fat です。
  • ドライブがシステムに接続している必要があり、そのボリュームがマウントされている。

手順

  1. ボリューム情報の一覧を表示し、キックスタートファイルをコピーするボリュームの UUID をメモします。

    # lsblk -l -p
  2. ボリュームのファイルシステムに移動します。
  3. このファイルシステムのルートにキックスタートファイルをコピーします。
  4. キックスタートファイルの名前を ks.cfg に変更します。
  5. ボリュームの名前を OEMDRV に変更します。

    • ext2ext3、および ext4 のファイルシステムの場合:

      # e2label /dev/xyz OEMDRV
    • XFS ファイルシステムの場合:

      # xfs_admin -L OEMDRV /dev/xyz

    /dev/xyz を、ボリュームのブロックデバイスのパスに置き換えます。

  6. ドライブボリュームのマウントをすべて解除します。

    # umount /dev/xyz ...

    スペースで区切って、コマンドにすべてのボリュームを追加します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。