5.2. NFS サーバーでキックスタートファイルの準備

この手順では、キックスタートスクリプトファイルを NFS サーバーに格納する方法を説明します。この方法を使用すると、キックスタートファイルに物理メディアを使用することなく、1 つのソースから複数のシステムをインストールできます。

前提条件

  • ローカルネットワークの Red Hat Enterprise Linux 8 でサーバーへの管理者レベルのアクセスがある。
  • インストールするシステムが、サーバーに接続できる。
  • サーバーのファイアウォールが、インストールするシステムからの接続を許可している。詳細は「ネットワークインストール用のポート」を参照してください。

手順

  1. root で以下のコマンドを実行して、nfs-utils パッケージをインストールします。

    # yum install nfs-utils
  2. キックスタートファイルを、NFS サーバーのディレクトリーにコピーします。
  3. テキストエディターで /etc/exports ファイルを開き、以下の構文で行を追加します。

    /exported_directory/ clients
  4. /exported_directory/ を、キックスタートファイルを保存しているディレクトリーのフルパスに置き換えます。clients の代わりに、この NFS サーバーからインストールするコンピューターのホスト名または IP アドレス、すべてのコンピューターが ISO イメージにアクセスするためのサブネットワーク、またはネットワークアクセスのあるコンピューターが NFS サーバーにアクセスして ISO イメージを使用できるようにする場合はアスタリスク記号 (*) を使用します。このフィールドの形式に関する詳細は、man ページの exports(5) を参照してください。

    /rhel8-install/ ディレクトリーを、すべてのクライアントに対する読み取り専用として使用できるようにする基本構成は次のようになります。

    /rhel8-install *
  5. /etc/exports ファイルを保存して、テキストエディターを終了します。
  6. nfs サービスを起動します。

    # systemctl start nfs-server.service

    /etc/exports ファイルに変更を加える前にサービスを稼働していた場合は、以下のコマンドを実行して、稼働中の NFS サーバーで設定を再ロードします。

    # systemctl reload nfs-server.service

    キックスタートファイルは NFS 経由でアクセス可能になり、インストールに使用できるようになりました。

注記

キックスタートソースを指定する場合は、プロトコルに nfs: を使用して、サーバーのホスト名または IP アドレス、コロン記号 (:)、およびそのファイルを保存しているディレクトリーを指定します。たとえば、サーバーのホスト名が myserver.example.com で、そのファイルを /rhel8-install/my-ks.cfg に保存した場合、指定するインストールソースの起動オプションは inst.ks=nfs:myserver.example.com:/rhel8-install/my-ks.cfg となります。

関連情報


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。