5.3. HTTP サーバーまたは HTTPS サーバーで使用できるキックスタートファイルの準備

この手順では、キックスタートスクリプトファイルを HTTP サーバーまたは HTTPS サーバーに格納する方法を説明します。この方法を使用すると、キックスタートファイルに物理メディアを使用することなく、1 つのソースから複数のシステムをインストールできます。

前提条件

  • ローカルネットワークの Red Hat Enterprise Linux 8 でサーバーへの管理者レベルのアクセスがある。
  • インストールするシステムが、サーバーに接続できる。
  • サーバーのファイアウォールが、インストールするシステムからの接続を許可している。詳細は「ネットワークインストール用のポート」を参照してください。

手順

  1. root で次のコマンドを実行して、httpd パッケージをインストールします。

    # yum install httpd
    警告

    Apache Web サーバー設定で SSL セキュリティーが有効になっている場合は、TLSv1 プロトコルのみが有効で、SSLv2 と SSLv3 は無効になっていることを確認してください。POODLE SSL 脆弱性 (CVE-2014-3566) の影響を受けないようにするためです。詳細は「httpd における POODLE SSLv3.0 脆弱性問題の解決方法 (CVE-2014-3566)」を参照してください。

    重要

    自己署名証明書付きの HTTPS サーバーを使用する場合は、inst.noverifyssl オプションを指定してインストールプログラムを起動する必要があります。

  2. /var/www/html/ ディレクトリのサブディレクトリーに、HTTP(S) サーバーへのキックスタートファイルをコピーします。
  3. httpd サービスを起動します。

    # systemctl start httpd.service

    キックスタートファイルはアクセス可能になり、インストールとして使用できるようになりました。

    注記

    キックスタートファイルの場所を指定する場合は、プロトコルに http:// または https:// を使用して、サーバーのホスト名または IP アドレス、キックスタートファイルのパス (HTTP サーバーの root への相対パス) を指定します。たとえば、HTTP を使用して、サーバーのホスト名が myserver.example.com で、キックスタートファイルを /var/www/html/rhel8-install/my-ks.cfg にコピーした場合、指定するインストールソースは http://myserver.example.com/rhel8-install/my-ks.cfg となります。

関連情報


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。