付録A キックスタートスクリプトのファイル形式の参照

この参照は、キックスタートファイルの形式を詳細に説明します。

A.1. キックスタートファイルの形式

キックスタートスクリプトは、インストールプログラムが認識するキーワードが含まれ、インストールの指示を提供するプレーンテキストのファイルです。ファイルを ASCII テキストとして保存できるテキストエディター (例: Linux システムの Gedit または vim、Windows システムの メモ帳) は、キックスタートファイルの作成や編集に使用できます。キックスタート設定ファイルには好きな名前を付けることができますが、後で他の設定ファイルやダイアログでこの名前を指定する必要があるため、シンプルな名前にしておくことが推奨されます。

コマンド
コマンドは、インストールの命令として役に立つキーワードです。各コマンドは 1 行で記載する必要があります。コマンドにはオプションを指定できます。コマンドとオプションの指定方法は、シェルで Linux コマンドを使用するのと似ています。
セクション
パーセント % 文字で始まる特殊コマンドは、セクションを開始します。セクションのコマンドの解釈は、セクションの外に置かれたコマンドとは異なります。すべてのセクションは、%end コマンドで終了する必要があります。
セクションタイプ

利用可能なセクションは以下のとおりです。

  • アドオンセクション。このセクションは、%addon addon_name コマンドを使用します。
  • パッケージの選択セクション%packages から始まります。これを使用してインストールするパッケージを指定します。これには、パッケージグループやモジュールなど、間接的な指定も含まれます。
  • スクリプトセクション。これは、%pre%pre-install%post、および %onerror で開始します。これらのセクションは必須ではありません。
コマンドセクション
コマンドセクションは、スクリプトセクションや %packages セクション以外の、キックスタートファイルのコマンドに使用される用語です。
スクリプトセクション数および順序付け
コマンドセクションを除くすべてのセクションはオプションであり、複数回表示できます。特定タイプのスクリプトセクションが評価される際に、キックスタートにあるそのタイプのセクションがすべて、表示順に評価されます。たとえば、%post が 2 つある場合は、表示されている順に評価されます。ただし、さまざまなタイプのスクリプトセクションを任意の順序で指定する必要はありません。%pre セクションの前に、%post セクションがあるかどうかは問題ありません。
コメント
キックスタートコマンドは、ハッシュ文字 # 始まる行です。このような行は、インストールプログラムには無視されます。

必須項目以外は省略しても構いません。必須項目を省略すると、インストールプログラムがインタラクティブモードに変更になり、通常の対話型インストールと同じように、関連する項目に回答できるようになります。キックスタートスクリプトは、cmdline コマンドで非対話的に宣言することもできます。非対話モードでは、回答していない項目があるとインストールプロセスが中断します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。