B.8. システム復旧用キックスタートコマンド

このセクションのキックスタートコマンドは、インストールされたシステムを修復します。

B.8.1. rescue

キックスタートコマンドの rescue は任意です。これは、root 権限を備えたシェル環境と、インストールを修復して次のような問題のトラブルシューティングを行うための一連のシステム管理ツールを提供します。

  • ファイルシステムを読み取り専用としてマウントする
  • ドライバーディスクで提供されているドライバーをブラックリスト登録または追加する
  • システムパッケージをインストールまたはアップグレードする
  • パーティションを管理する
注記

キックスタートレスキューモードは、systemd およびサービスマネージャーの一部として提供されるレスキューモードおよび緊急モードとは異なります。

rescue コマンドは、システム自体を変更することはありません。読み取り/書き込みモードでシステムを /mnt/sysimage の下にマウントすることにより、レスキュー環境を設定するだけです。システムをマウントしないか、読み取り専用モードでマウントするかを選択できます。

構文

rescue [--nomount|--romount]

オプション

  • --nomount または --romount - インストールを完了したシステムをレスキュー環境でマウントする方法を制御します。デフォルトでは、インストールプログラムによりシステムの検出が行われてから、読み取りと書き込みのモードでシステムのマウントが行われ、マウントされた場所が通知されます。オプションでマウントを行わない ( --nomount オプション)、または読み取り専用モードでマウントする ( --romount オプション) のいずれかを選択できます。指定できるのはどちらか一方です。

備考

レスキューモードを実行するには、キックスタートファイルのコピーを作成し、それに rescue コマンドを含めます。

rescue コマンドを使用すると、インストーラーは次の手順を実行します。

  1. %pre スクリプトを実行します。
  2. レスキューモードの環境をセットアップします。

    以下のキックスタートコマンドが有効になります。

    1. updates
    2. sshpw
    3. logging
    4. lang
    5. network
  3. 高度なストレージ環境を設定します。

    以下のキックスタートコマンドが有効になります。

    1. fcoe
    2. iscsi
    3. iscsiname
    4. nvdimm
    5. zfcp
  4. システムをマウントします。

    rescue [--nomount|--romount]
  5. %post スクリプトを実行します。

    この手順は、インストールされたシステムが読み取り/書き込みモードでマウントされている場合にのみ実行されます。

  6. シェルを開始します。
  7. システムを再起動します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。