A.6. キックスタートのアドオンセクション

Red Hat Enterprise Linux 7 以降は、キックスタートインストールでアドオンをサポートするようになりました。これらのアドオンは、多くの方法で基本的なキックスタート (および Anaconda) の機能を拡張できます。

キックスタートファイルでアドオンを使用するには、%addon addon_name options コマンドを使用し、%end ステートメントでコマンドを終了します。これはインストール前およびインストール後スクリプトのセクションと似ています。たとえば、デフォルトで Anaconda で提供される Kdump アドオンを使用する場合は、次のコマンドを使用します。

%addon com_redhat_kdump --enable --reserve-mb=auto
%end

%addon コマンドには、独自のオプションが含まれていません。すべてのオプションは実際のアドオンに依存しています。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。