16.3. インストールソースの起動オプション

本セクションでは、さまざまなインストールソースの起動オプションを説明します。

inst.repo=

inst.repo= 起動オプションはインストールソースを指定します。つまり、パッケージリポジトリーと、そのリポジトリーを記述する有効な .treeinfo ファイルを提供する場所にあたります。たとえば、inst.repo=cdrom になります。inst.repo= オプションの対象は、以下のいずれかのインストールメディアになります。

  • インストール可能なツリー (インストールプログラムのイメージ、パッケージ群、リポジトリーデータおよび有効な .treeinfo ファイルを含むディレクトリー構成)
  • DVD (システムの DVD ドライブにある物理ディスク)
  • Red Hat Enterprise Linux のフルインストール用 DVD の ISO イメージ (ハードドライブ、またはシステムにアクセスできるネットワーク上の場所)

    inst.repo= 起動オプションでは、さまざまなインストール方法を設定できます。以下の表は、inst.repo= 起動オプションの詳細な構文を記載します。

    表16.1 inst.repo= インストールソース起動オプション

    ソースタイプ起動オプションの形式ソースの形式

    CD/DVD ドライブ

    inst.repo=cdrom[:device]

    物理ディスクとしてのインストール DVD。[a]

    インストール可能なツリー

    inst.repo=hd:device:/path

    インストール DVD のイメージファイル、またはインストールツリー (インストール DVD にあるディレクトリーおよびファイルの完全なコピー)。

    NFS サーバー

    inst.repo=nfs:[options:]server:/path

    インストール DVD のイメージファイル[b]

    HTTP サーバー

    inst.repo=http://host/path

    インストールツリー (インストール DVD 上にあるディレクトリーおよびファイルの完全なコピー)。

    HTTPS サーバー

    inst.repo=https://host/path

    FTP サーバー

    inst.repo=ftp://username:password@host/path

    HMC

    inst.repo=hmc

     
    [a] device が省略された場合、インストールプログラムはインストール DVD を含むドライブを自動的に検索します。
    [b] NFS サーバーのオプションでは、デフォルトで NFS プロトコルのバージョン 3 が使用されます。別のバージョン X を使用するには、+nfsvers=Xoptions に追加します。
    注記

    NFS サーバーのオプションでは、デフォルトで NFS プロトコルのバージョン 3 が使用されます。別のバージョンを使用するには、オプションに +nfsvers=X を追加します。

    ディスクデバイス名は、次の形式で設定できます。

  • カーネルデバイス名 (例: /dev/sda1 または sdb2)
  • ファイルシステムのラベル (例: LABEL=Flash または LABEL=RHEL8)
  • ファイルシステムの UUID (例: UUID=8176c7bf-04ff-403a-a832-9557f94e61db)

    英数字以外は \xNN で表す必要があります。NN は文字の 16 進数表示になります。たとえば、\x20 なら空白 (" ") になります。

inst.addrepo=

inst.addrepo= 起動オプションを使用して、別のインストールソースとして、メインリポジトリー (inst.repo=) とともに追加のリポジトリーを追加します。起動時に、inst.addrepo= 起動オプションを複数回使用できます。以下の表では、inst.addrepo= 起動オプションの構文の詳細を記載します。

注記

REPO_NAME はリポジトリーの名前であり、インストールプロセスでは必須です。これらのリポジトリーは、インストールプロセス時にのみ使用され、インストールしたシステムにはインストールされません。

表16.2 inst.addrepo インストールソース起動オプション

インストールソース起動オプションの形式関連情報

URL にあるインストール可能なツリー

inst.addrepo=REPO_NAME,[http,https,ftp]://<host>/<path>

指定の URL にあるインストール可能なツリーを探します。

NFS パスにあるインストール可能なツリー

inst.addrepo=REPO_NAME,nfs://<server>:/<path>

指定した NFS パスのインストール可能なツリーを探します。コロンは、ホストの後に必要です。インストールプログラムは、RFC 2224 に従って URL の解析を行うのではなく、nfs:// ディレクトリーの後のすべてを mount コマンドに渡します。

インストール環境でインストール可能なツリー

inst.addrepo=REPO_NAME,file://<path>

インストール環境の指定した場所にあるインストール可能なツリーを探します。このオプションを使用するには、インストールプログラムが利用可能なソフトウェアグループのロードを試行する前に、リポジトリーがマウントされる必要があります。このオプションの利点は、起動可能な ISO に複数のリポジトリーを利用でき、ISO からメインリポジトリーと追加のリポジトリーの両方をインストールできることです。追加のリポジトリーへのパスは /run/install/source/REPO_ISO_PATH です。また、キックスタートファイルの %pre セクションにリポジトリーディレクトリーをマウントできます。パスは、inst.addrepo=REPO_NAME,file:///<path> など、/ で始まる必要があります。

ハードドライブ

inst.addrepo=REPO_NAME,hd:<device>:<path>

指定した <device> パーティションをマウントして、<path> で指定した ISO からインストールします。<path> を指定しないと、インストールプログラムは <device> 上の有効なインストール ISO を探します。このインストール方法には、有効なインストール可能ツリーを持つ ISO が必要です。

inst.noverifyssl
inst.noverifyssl 起動オプションにより、追加のキックスタートリポジトリー以外の HTTPS 接続すべての SSL 証明書を検証できなくなります。--noverifyssl はリポジトリーごとに設定できます。
inst.stage2=

inst.stage2= 起動オプションを使用して、インストールプログラムのランタイムイメージの場所を指定します。このオプションには、有効な .treeinfo ファイルを含むディレクトリーのパスが必要です。ランタイムイメージの場所は、.treeinfo ファイルから読み込まれます。.treeinfo ファイルが利用できないと、インストールプログラムは、images/install.img からイメージを読み込もうとします。

inst.stage2 オプションを指定しないと、インストールプログラムは、inst.repo オプションで指定した場所を使用しようとします。

このオプションは、PXE ブートでのみ指定する必要があります。インストール DVD および起動 ISO には、インストールプログラム自体を起動するための正しい inst.stage2 オプションがすでに含まれています。

注記

デフォルトでは、インストールメデイアで inst.stage2= 起動オプションが使用され、そのオプションが特定のラベル (たとえば inst.stage2=hd:LABEL=RHEL-8-0-0-BaseOS-x86_64) に設定されます。ランタイムイメージが含まれるファイルシステムのデフォルトラベルを修正するか、インストールシステムの起動手順をカスタマイズする場合は、inst.stage2= 起動オプションに正しい値が設定されていることを確認してください。

inst.stage2.all

inst.stage2.all 起動オプションは、複数の HTTP、HTTPS、または FTP ソースを指定するために使用されます。inst.stage2= 起動オプションは、inst.stage2.all オプションとともに複数回使用して、成功するまで、イメージを順番にフェッチできます。以下に例を示します。

inst.stage2.all
inst.stage2=http://hostname1/path_to_install_tree/
inst.stage2=http://hostname2/path_to_install_tree/
inst.stage2=http://hostname3/path_to_install_tree/
inst.dd=
インストール時にドライバーの更新を実行する場合は、inst.dd= 起動オプションを使用します。インストール時にドライバーを更新する方法は『高度な RHEL インストールの実行』を参照してください。
inst.repo=hmc
Binary DVD から起動すると、インストーラープログラムにより、追加のカーネルパラメーターを入力するように求められます。DVD をインストールソースとして設定するには、inst.repo=hmc をカーネルパラメーターに追加します。インストールプログラムは、SE および HMC のファイルアクセスを有効にし、DVD から stage2 のイメージをフェッチし、ソフトウェア選択で DVD のパッケージへのアクセスを提供します。このオプションにより、外部ネットワーク設定の必要がなくなるため、インストールのオプションが増えます。
inst.proxy=

HTTP、HTTPS、FTP ソースからのインストールを実行する際には、inst.proxy= ブートオプションが使用されます。以下に例を示します。

[PROTOCOL://][USERNAME[:PASSWORD]@]HOST[:PORT]
inst.nosave=

inst.nosave= 起動オプションを指定して、インストールログや関連ファイルがインストール済みのシステムに保存されないように制御します (例: input_ksoutput_ksall_kslogsall)。複数の値は以下のようにコンマ区切りにします。例: input_ks,logs

注記

inst.nosave 起動オプションは、インストール済みのシステムから、キックスタートのログや入力/出力などの Kickstart %post スクリプトで削除できないファイルの除外に使用されます。

表16.3 inst.nosave 起動オプション

オプション説明

input_ks

キックスタートによる入力を保存する機能を無効にします。

output_ks

インストールプログラムで生成されたキックスタートによる出力を保存する機能を無効にします。

all_ks

キックスタートによる入出力を保存する機能を無効にします。

logs

すべてのインストールログを保存する機能を無効にします。

all

すべてのキックスタート結果とすべてのログを保存する機能を無効にします。

inst.multilib
inst.multilib 起動オプションを使用して、DNF の multilib_policy を、best ではなく all に設定します。
inst.memcheck
inst.memcheck 起動オプションは、インストールを完了するのにシステムに十分な RAM があることを確認するためのチェックを実行します。RAM が十分でない場合は、インストールプロセスが停止します。システムのチェックはおおよそのもので、インストールの際のメモリー使用率は、パッケージ選択やユーザーインターフェース (グラフィカル、テキスト)、その他のパラメーターにより異なります。
inst.nomemcheck
inst.nomemcheck 起動オプションは、インストールを完了するのに十分な RAM があるかどうかの確認を実行しません。推奨よりも低いメモリー量でのインストールはサポートされていないため、インストールプロセスが失敗する場合があります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。