第1章 はじめに

Red Hat Enterprise Linux 8 は、より少ない労力でより迅速にワークロードを提供するのに必要なツールを使用して導入したハイブリッドクラウドのデプロイメントで、安定し、安全で一貫した基盤を提供します。対応しているハイパーバイザー環境やクラウドプロバイダー環境にゲストとしてデプロイすることも、物理インフラストラクチャーにデプロイすることもできるため、アプリケーションは、主要なハードウェアアーキテクチャープラットフォームの革新的な機能を利用できます。

1.1. サポートされているアーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux では、次のアーキテクチャーに対応します。

  • AMD アーキテクチャーおよび Intel 64 ビットアーキテクチャー
  • 64 ビット ARM アーキテクチャー
  • IBM Power Systems (リトルエンディアン)
  • IBM Z

1.2. インストールの用語

本セクションでは、Red Hat Enterprise Linux インストールの用語を説明します。概念が同じでも、その概念が使用されているのがアップストリームかダウンストリームかによって、用語が異なる可能性もあります。

Anaconda - Fedora、Red Hat Enterprise Linux、およびその他の派生製品に使用されるオペレーティングシステムインストーラーです。Anaconda は、Gtk ウィジェット (C で記述)、systemd ユニット、dracut ライブラリーなどの追加ファイルが含まれる、一連の Python モジュールおよびスクリプトです。これは、同時に、作成される (ターゲット) システムのパラメーターを設定するツールを形成します。インストールプログラム という用語は、この文書では Anaconda のインストールに関する機能を指しています。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。