16.10. 廃止予定の起動オプション

本セクションは、非推奨の起動オプションを説明します。これらのオプションはインストールプログラムでも使用できますが、非推奨とされています。また、Red Hat Enterprise Linux の今後のリリースで削除される予定です。

method
method オプションは、inst.repo のエイリアスです。
repo=nfsiso
repo=nfsiso: オプションは、inst.repo=nfs: と同じです。
dns
dns の代わりに nameserver を使用します。ネームサーバーはコンマ区切りの一覧を受け付けず、代わりに複数のネームサーバーオプションを使用することに注意してください。
netmask、gateway、hostname
netmaskgateway、および hostname オプションは、ip オプションの一部として利用できます。
ip=bootif
PXE 指定のBOOTIF オプションが自動的に使用されるため、ip=bootif を使用する必要はありません。
ksdevice

表16.9 ksdevice 起動オプションの値

情報

存在しない

該当なし

ksdevice=link

このオプションがデフォルトの動作と同じ場合に無視されます。

ksdevice=bootif

BOOTIF= が存在する場合は、このオプションはデフォルトであるため無視されます。

ksdevice=ibft

ip=ibft に変更詳細は ip を参照してください。

ksdevice=<MAC>

BOOTIF=${MAC/:/-} に変更

ksdevice=<DEV>

bootdev に置き換え


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。