第4章 キックスタートファイルの作成

次の方法を使用してキックスタートファイルを作成できます。

  • オンラインのキックスタート設定ツールを使用する。
  • 手動インストールのログとして作成したキックスタートファイルをコピーする。
  • キックスタートファイル全体を手動で書き込む。他の方法から既存のファイルを編集する方が速いため、この方法は推奨されません。
  • Red Hat Enterprise Linux 8 インストール用に Red Hat Enterprise Linux 7 キックスタートファイルを変換します。
  • 仮想環境およびクラウド環境では、Image Builder を使用してカスタムシステムイメージを作成します。

一部の詳細なインストールオプションは、キックスタートファイルを手動で編集しないと設定できないことに注意してください。

4.1. キックスタート設定ツールを使用したキックスタートファイルの作成

Red Hat カスタマーポータルのアカウントをお持ちの場合は、カスタマーポータルで提供している Labs の Kickstart Generator ツールを使用して、キックスタートファイルをオンラインで生成できます。このツールは基本的な設定を段階的に説明し、作成したキックスタートファイルのダウンロードを可能にします。

注記

ただし、このツールは現在、高度なパーティション作成をサポートしていません。

前提条件

  • Red Hat カスタマーポータルアカウントおよびアクティブな Red Hat サブスクリプションがある。

手順

  1. Lab で提供されている Kickstart Generator の情報は https://access.redhat.com/labsinfo/kickstartconfig を参照してください。
  2. 見出しの左にある Go to Application ボタンをクリックし、次のページが読み込まれるのを待ちます。
  3. ドロップダウンメニューで Red Hat Enterprise Linux 8 を選択し、ページが更新するのを待ちます。
  4. フォーム内のフィールドを使用して、インストールするシステムを記述します。

    フォームの左側にあるリンクを使用すれば、フォームのセクション間をすばやく移動できます。

  5. 生成されたキックスタートファイルをダウンロードするには、ページの先頭に戻り、赤色の Download ボタンをクリックします。

    Web ブラウザーによりファイルが保存されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。