第6章 キックスタートインストール用のインストールソースの作成

本セクションでは、必要なリポジトリーおよびソフトウェアパッケージを含む Binary DVD ISO イメージを使用して、Boot ISO イメージのインストールソースを作成する方法を説明します。

6.1. インストールソースの種類

最小限のブートイメージには、以下のいずれかのインストールソースを使用できます。

  • DVD - Binary DVD ISO イメージを DVD サーバーに焼きます。インストールプログラムは、DVD からソフトウェアパッケージを自動的にインストールします。
  • ハードドライブまたは USB ドライブ - Binary DVD ISO イメージをドライブにコピーして、ドライブからソフトウェアパッケージをインストールするように、インストールプログラムを設定します。USB ドライブを使用する場合は、インストールを開始する前に、USB ドライブがシステムに接続されていることを確認してください。インストールプログラムは、インストールの開始後にメディアを検出することができません。

    • ハードドライブの制限 - ハードドライブの Binary DVD ISO イメージは、インストールプログラムがマウントできるファイルシステムを使用しているパーティションに置く必要があります。対応するファイルシステムは、xfsext2ext3ext4、および vfat (FAT32) となります。
    警告

    Microsoft Windows システムで、ハードドライブをフォーマットする際に使用されるデフォルトのファイルシステムは NTFS です。exFAT ファイルシステムも利用できます。ただし、このファイルシステムは、いずれもインストール時に変更することができません。Microsoft Windows のインストールソースとして、ハードドライブまたは USB ドライブを作成する場合は、ドライブを FAT32 としてフォーマットするようにしてください。FAT32 ファイルシステムは、4 GiB を超えるファイルを保存できません。

    Red Hat Enterprise Linux 8 では、ローカルのハードドライブのディレクトリーからインストールできます。これを行うには、DVD ISO イメージの内容をハードドライブのディレクトリーにコピーし、ISO イメージの代わりに、そのディレクトリーをインストールソースとして指定します。たとえば、inst.repo=hd:<device>:<path to the directory> です。

  • ネットワーク経由 - Binary DVD ISO イメージ、またはインストールツリー (Binary DVD ISO イメージから抽出したコンテンツ) をネットワーク上の場所にコピーし、次のプロトコルを使用して、ネットワーク経由でインストールを実行できます。

    • NFS - Binary DVD ISO イメージは、ネットワークファイルシステム (NFS) 共有にあります。
    • HTTPS、HTTP、または FTP - インストールツリーは、HTTP、HTTPS、または FTP 経由でアクセス可能なネットワーク上にあります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。