6.5. FTP を使用するインストールソースの作成

以下の手順に従って、インストールツリー (Binary DVD ISO イメージから抽出したコンテンツと、有効な .treeinfo ファイル含むディレクトリー) を使用したネットワークベースのインストール用のインストールソースを作成する手順を説明します。インストールソースには、FTP を使用してアクセスします。

前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux 8 を使用するサーバーに管理者レベルのアクセス権があり、このサーバーが、インストールするシステムと同じネットワーク上にある。
  • Binary DVD イメージをダウンロードしている。詳細は『標準的な RHEL インストールの実行』「ISO のインストールイメージのダウンロード」を参照してください。
  • イメージファイルから、起動可能な CD、DVD、または USB デバイスを作成している。詳細は『標準的な RHEL インストールの実行』「インストールメディアの作成」を参照してください。
  • ファイアウォールにより、インストールしようとしているシステムがリモートインストールソースにアクセスできることを確認している。詳細は『標準的な RHEL インストールの実行』「ネットワークインストール用ポート」を参照してください。

手順

  1. root で以下のコマンドを実行して、vsftpd パッケージをインストールします。

    # yum install vsftpd
  2. 必要に応じて、/etc/vsftpd/vsftpd.conf 設定ファイルをテキストエディターで開いて編集します。

    1. anonymous_enable=NO の行を anonymous_enable=YES に変更します。
    2. write_enable=YES の行を write_enable=NO に変更します。
    3. pasv_min_port=min_portpasv_max_port=max_port の行を追加します。min_port および max_port は、パッシブモードの FTP サーバーで使用されるポート番号の範囲に置き換えます (例: 10021 および 10031)。

      このステップは、各種のファイアウォール/NAT 設定を採用するネットワーク環境に必要です。

    4. オプションで、カスタムの変更を設定に追加します。利用可能なオプションは、man ページの vsftpd.conf(5) を参照してください。この手順では、デフォルトのオプションが使用されていることを前提としています。

      警告

      vsftpd.conf ファイルで SSL/TLS セキュリティーを設定している場合は、TLSv1 プロトコルのみを有効にし、SSLv2 と SSLv3 は無効にしてください。POODLE SSL 脆弱性 (CVE-2014-3566) の影響を受けないようにするためです。詳細は「vsftpd における POODLE SSLv3.0 脆弱性問題の解決方法 (CVE-2014-3566)」を参照してください。

  3. サーバーのファイアウォールを設定します。

    1. ファイアウォールを有効にします。

      # systemctl enable firewalld
      # systemctl start firewalld
    2. 直前の手順の FTP ポートおよびポート範囲のファイアウォールで有効にします。

      # firewall-cmd --add-port min_port-max_port/tcp --permanent
      # firewall-cmd --add-service ftp --permanent
      # firewall-cmd --reload

      min_port-max_port を、/etc/vsftpd/vsftpd.conf 設定ファイルに入力したポート番号に置き換えます。

  4. Binary DVD ISO イメージを FTP サーバーにコピーします。
  5. mount コマンドを使用して、Binary DVD ISO イメージを適切なディレクトリーにマウントします。

    # mkdir /mnt/rhel8-install
    # mount -o loop,ro -t iso9660 /image-directory/image.iso /mnt/rhel8-install

    /image_directory/image.iso を、Binary DVD ISO イメージのパスに置き換えます。

  6. マウントされたイメージから、FTP サーバーのルートにファイルをコピーします。

    # mkdir /var/ftp/rhel8-install
    # cp -r /mnt/rhel8-install/ /var/ftp/

    このコマンドは、イメージに含まれるファイルが保存される /var/ftp/rhel8-install/ ディレクトリーを作成します。一部のコピー方法は、有効なインストールソースに必要な .treeinfo ファイルを省略できることに注意してください。この手順で示されているように、ディレクトリー全体に対して cp コマンドを実行しても、.treeinfo が正しくコピーされます。

  7. 正しい SELinux コンテキストとアクセスモードが、コピーされたコンテンツに設定されていることを確認します。

    # restorecon -r /var/ftp/rhel8-install
    # find /var/ftp/rhel8-install -type f -exec chmod 444 {} \;
    # find /var/ftp/rhel8-install -type d -exec chmod 755 {} \;
  8. vsftpd サービスを開始します。

    # systemctl start vsftpd.service

    /etc/vsftpd/vsftpd.conf ファイルを変更する前から、このサービスがすでに実行されていた場合は、サービスを再起動して必ず編集後のファイルを読み込ませてください。

    # systemctl restart vsftpd.service

    vsftpd サービスを有効にして、システムの起動プロセス時に開始するようにします。

    # systemctl enable vsftpd

    これにより、インストールツリーにアクセスできるようになり、インストールソースとして使用できるようになります。

    注記

    インストールソースを設定するには、プロトコルに ftp:// を使用して、サーバーのホスト名または IP アドレス、および ISO イメージのファイルを保存するディレクトリー (FTP サーバーの root への相対パス) を指定します。たとえば、サーバーのホスト名が myserver.example.com で、イメージからコピーしたファイルを /var/ftp/rhel8-install/ に置いた場合、指定するインストールソースは ftp://myserver.example.com/rhel8-install/ となります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。