4.2. 手動インストールを実行したキックスタートファイルの作成

キックスタートファイルの作成方法としては、Red Hat Enterprise Linux の手動インストールにより作成されたファイルを使用することが推奨される方法となります。インストールが完了すると、インストール中に選択したものがすべて、インストール済みシステムの /root/ ディレクトリーに置かれているキックスタートファイル anaconda-ks.cfg に保存されます。このファイルを使用して、以前とまったく同じ方法でインストールを行えます。または、このファイルをコピーして必要な変更を加え、その後のインストールで使用することもできます。

手順

  1. RHEL をインストールします。詳細は「標準的な RHEL インストールの実行」を参照してください。

    インストール時に、管理者権限を持つユーザーを作成します。

  2. インストール済みシステムでインストールを完了し、再起動します。
  3. 管理者アカウントでシステムにログインします。
  4. /root/anaconda-ks.cfg ファイルを、任意の場所にコピーします。

    • 端末内のファイルの内容を表示するには、次のコマンドを実行します。

      # cat /root/anaconda-ks.cfg

      出力をコピーして、別のファイルに選択を保存できます。

    • 別の場所にファイルをコピーするには、ファイルマネージャを使用します。root 以外のユーザーがそのファイルを読み込めるように、コピーしたファイルのアクセス権を忘れずに変更してください。
    注意

    ファイルには、ユーザとパスワードの情報が含まれます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。