12.2. キックスタートでシステムの目的の設定

以下の手順に従って、syspurpose コマンドを使用して、キックスタート設定ファイルでシステムの目的を設定します。

注記

システムの目的を設定することが強く推奨されますが、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは任意の機能です。インストールが完了してからシステムの目的を有効にする場合は、コマンドラインツールの syspurpose を使用できます。

以下のアクションを実施できます。

ロール

システムで計画しているロールを設定します。このアクションは以下の形式を使用します。

syspurpose --role=

割り当てられるロールは以下のとおりです。

  • Red Hat Enterprise Linux Server
  • Red Hat Enterprise Linux Workstation
  • Red Hat Enterprise Linux Compute Node
SLA

システムで計画している SLA を設定します。このアクションは以下の形式を使用します。

syspurpose --sla=

割り当てられる SLA は以下の通りです。

  • Premium
  • Standard
  • Self-Support
使用方法

システムで計画している使用目的を設定します。このアクションは以下の形式を使用します。

syspurpose --usage=

割り当てられる使用方法は以下の通りです。

  • Production
  • Development/Test
  • Disaster Recovery

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。