B.7. Anaconda で使用されるコマンド

pwpolicy コマンドは、キックスタートファイルの %anaconda セクションでのみ使用できる Anaconda UI 固有のコマンドです。

B.7.1. pwpolicy

キックスタートコマンドの pwpolicy は任意です。このコマンドを使用して、インストール中にカスタムパスワードポリシーを適用します。このポリシーでは、ユーザーアカウントの root、ユーザー、または luks ユーザーのパスワードを作成する必要があります。パスワードの長さや強度などの要因により、パスワードの有効性が決まります。

構文

pwpolicy name [--minlen=length] [--minquality=quality] [--strict|--nostrict] [--emptyok|--noempty] [--changesok|--nochanges]

必須オプション

  • name - rootuser、または luks に置き換え、それぞれ root パスワード、ユーザーパスワード、もしくは LUKS パスフレーズのポリシーを強制します。

任意のオプション

  • --minlen= - パスワードの最低文字数を設定します。デフォルト値は 6 です。
  • --minquality= - libpwquality ライブラリーで定義されるパスワードの最低限の質を設定します。デフォルト値は 1 です。
  • --strict - 厳密なパスワード強制を有効にします。--minquality=--minlen= で指定された要件を満たさないパスワードは拒否されます。このオプションはデフォルトで無効になっています。
  • --notstrict - --minquality= オプションおよび -minlen= オプションで指定した最小要件を 満たさない パスワードは、GUI で 完了 を 2 回クリックすると可能になります。テキストモードインターフェースでは、同様のメカニズムが使用されます。
  • --emptyok - 空のパスワードの使用を許可します。デフォルトでユーザーパスワードに有効となっています。
  • --notempty - 空のパスワードの使用を許可しません。root パスワードと LUKS パスフレーズについて、デフォルトで有効になっています。
  • --changesok - キックスタートファイルでパスワードが設定されていても、ユーザーインターフェースでのパスワード変更を許可します。デフォルトでは無効です。
  • --nochanges - キックスタートファイルで設定されているパスワードの変更を許可しません。デフォルトでは有効です。

備考

  • pwpolicy コマンドは、キックスタートファイルの %anaconda セクションでのみ使用できる Anaconda UI 固有のコマンドです。
  • libpwquality ライブラリーは、パスワードの最低要件 (長さおよび質) の確認に使用されます。libpwquality パッケージが提供する pwscore コマンドおよび pwmake コマンドを使用してパスワードの質のスコアを確認するか、特定スコアのパスワードをランダムに作成できます。これらのコマンドの詳細は、man ページの pwscore(1) および pwmake(1) を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。