Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.3.4.5. CDN からシステムの登録解除

以下の手順に従って、GUI で CDN からシステムの登録を解除します。

警告
  • インストール概要 画面から インストールの開始 ボタンを クリックしていない 場合は、CDN から登録を解除できます。インストールの開始 ボタンをクリックしたら、インストール概要画面に戻って登録を解除することができなくなります。
  • 登録を解除すると、インストールプログラムは、利用可能な最初のリポジトリーに以下の順序で切り替えます。

    1. カーネルコマンドラインの inst.repo=<URL> 起動パラメーターで使用される URL
    2. インストールメディア (USB または DVD) で自動的に検出されるリポジトリー

前提条件

手順

  1. インストール概要 画面で、Red Hat への接続 を選択します。
  2. Red Hat への接続 画面が開き、登録の概要が表示されます。

    方法
    使用される登録アカウント名またはアクティベーションキーが表示されます。
    システムの目的
    設定されていると、ロール、SLA、使用方法の詳細が表示されます。
    Insights
    有効にすると、Insights の詳細が表示されます。
    サブスクリプションの数
    割り当てたサブスクリプションの数が表示されます。
  3. 登録解除 をクリックして、CDN から登録を削除します。元の登録情報が表示され、画面の中央下部に 未登録 メッセージが表示されます。
  4. 完了 をクリックして、インストール概要 画面に戻ります。
  5. Red Hat への接続未登録 メッセージが表示され、ソフトウェアの選択 には Red Hat CDN では登録が必要です メッセージが表示されます。
注記

システムの登録を解除したら、システムを再登録できます。Red Hat への接続 をクリックします。以前入力した詳細が入力されます。元の詳細情報を編集するか、アカウント、目的、および接続に基づいてフィールドを更新します。登録 をクリックして終了します。