Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.7. インストールソースとしてのハードドライブの準備

本モジュールでは、ハードドライブを、ext2、ext3、ext 4、または XFS のファイルシステムを使用して、インストールソースとして RHEL をインストールする方法を説明します。この方法は、ネットワークアクセスのないシステムおよび光学ドライブがないシステムに使用できます。ハードドライブのインストールは、インストール DVD の ISO イメージを使用します。ISO イメージは、DVD のコンテンツの完全なコピーが含まれるファイルです。このファイルはハードドライブに存在すると、インストールプログラムの起動時に、インストールソースとして Hard ドライブを選択できます。

  • Windows オペレーティングシステムでハードドライブパーティションのファイルシステムを確認するには、Disk Management ツールを使用します。
  • Linux オペレーティングシステム上のハードドライブパーティションのファイルシステムを確認するには、parted ツールを使用します。
注記

LVM(Logical Volume Management)パーティションで ISO ファイルを使用することはできません。

手順

  1. Red Hat Enterprise Linux インストール DVD の ISO イメージをダウンロードします。または、物理メディアに DVD がある場合は、Linux システムで以下のコマンドで ISO のイメージを作成できます。

    dd if=/dev/dvd of=/path_to_image/name_of_image.iso

    dvd は、DVD ドライブ のデバイス名、name_of_image は、作成される ISO イメージファイルに指定する名前に置き換え、path _to_image はイメージを保存するシステムの場所へのパスになります。

  2. システムのハードドライブまたは USB ドライブに ISO イメージをコピーして貼り付けます。
  3. SHA256 チェックサムプログラムを使用して、コピーした ISO イメージがそのままの状態であることを確認します。さまざまなオペレーティングシステムでは、多くの SHA256 チェックサムプログラムを利用できます。Linux システムで、以下を実行します。

    $ sha256sum /path_to_image/name_of_image.iso

    name_of_image は、ISO イメージファイルの名前です。SHA256 チェックサムプログラムは、ハッシュ と呼ばれる 64 文字の文字列を表示します。このハッシュを、Red Hat カスタマーポータルの Downloads ページから この特定のイメージについて表示されるハッシュと比較します。2 つのハッシュは同じである必要があります。

  4. インストールを開始する前に、カーネルコマンドラインに HDD インストールソースを指定します。

    inst.repo=hd:<device>:/path_to_image/name_of_image.iso

関連情報