Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第23章 OpenBMC コマンドでサーバーの電源をオン

注記

システムの電源を入れると、Petitboot インターフェースが読み込まれます。10 秒以内にキーを押して起動プロセスを中断しないと、Petitboot が最初のオプションを自動的に起動します。

Linux を実行している PC またはノートブックの電源を入れるには、次の手順を実行します。

  • デフォルトのユーザー名 - root
  • デフォルトパスワード - 0penBmc (0penBMC は、大文字の O ではなくゼロが使用されています)

    1. お使いの PC またはノートブックの端末プログラムを開きます。
    2. 次のコマンドを実行して BMC にログインします。

      ssh root@<BMC server_ip_address>
      root@<BMC server password>

      BMC server_ip_address は BMC の IP アドレスで、BMC server password は認証するパスワードです。

    3. サーバーの電源を入れるには、次のコマンドを実行します。

      $ root@witherspoon:~# obmcutil poweron
    4. OS コンソールに接続し、デフォルトパスワード 0penBmc を使用します。

      ssh -p 2200 root@<BMC server_ip_address> root@

BMC server_ip_address は BMC の IP アドレスで、BMC server password は認証するパスワードです。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。