Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第16章 IPMI を使用してサーバーの電源をオン

IPMI (Intelligent Platform Management Interface) は、OPAL ファームウェアに接続する際に使用するデフォルトコンソールです。

IPMI のデフォルト値を使用します。

  • デフォルトユーザー - ADMIN
  • デフォルトパスワード - admin
注記

システムの電源を入れると、Petitboot インターフェースが読み込まれます。10 秒以内にキーを押して起動プロセスを中断しないと、Petitboot が最初のオプションを自動的に起動します。Linux を実行している PC またはノートブックの電源を入れるには、次の手順を実行します。

  1. お使いの PC またはノートブックの端末プログラムを開きます。
  2. サーバーの電源を入れるには、次のコマンドを実行します。

    ipmitool -I lanplus -H server_ip_address -U ipmi_user -P ipmi_password chassis power on

    server_ip_ipaddress は、Power システムの IP アドレスで、ipmi_password は、IPMI に設定しているパスワードです。

    注記

    システムの電源がすでに入っている場合は、IPMI コンソールのアクティベートを続行します。

  3. このコマンドを実行して IPMI コンソールをアクティベートします。

    ipmitool -I lanplus -H server_ip_address -U ipmi_user -P ipmi_password sol activate
注記

キーボードの上矢印を使用して、前に実行した ipmitool コマンドを表示します。前に実行したコマンドを編集すれば、コマンド全体を再入力しなくてすみます。システムの電源をオフするか、再起動する必要がある場合は、次のコマンドを実行して、コンソールを無効にします。

ipmitool -I lanplus -H server_ip_address -U user-name -P ipmi_password sol deactivate

システムを再起動するには、以下のコマンドを実行します。

ipmitool -I lanplus -H server_ip_address -U user-name -P ipmi_password chassis power reset

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。