Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第11章 インストール後の作業の完了

本セクションは、インストール後のタスクを完了する方法を説明します。

  • 初期セットアップの完了
  • システムの登録

    注記

    要件によって、システムを登録する方法は複数あります。これらのメソッドのほとんどは、インストール後作業の一部として完了します。ただし、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) は、インストールプロセスを開始する に、システムを登録して、RHEL サブスクリプションを割り当てます。詳細は 「CDN から RHEL の登録およびインストール」 を参照してください。

  • システムの保護

11.1. 初期セットアップの完了

このセクションは、Red Hat Enterprise Linux 8 システムの初期セットアップを完了する方法を説明します。

重要
  • インストール時に Server with GUI ベース環境を選択した場合は、インストールプロセスが完了し、システムを最初に再起動する際に、初期セットアップ 画面が開きます。
  • CDN から RHEL を登録してインストールした場合は、Subscription Manager オプションに、インストールされているすべての製品に有効なエンタイトルメントが割り当てられているというメッセージが表示されます。

初期セットアップ 画面に表示される情報は、インストール時に設定した内容により異なる場合があります。ただし、ライセンス オプションおよび Subscription Manager オプションは必ず表示されます。

前提条件

手順

  1. 初期セットアップ 画面で、ライセンス情報 を選択します。

    ライセンス契約 画面が開き、Red Hat Enterprise Linux のライセンス条項が表示されます。

  2. 使用許諾契約書を確認して、ライセンス契約に同意します チェックボックスを選択します。

    注記

    ライセンス契約への同意が必要です。この手順を完了せずに 初期セットアップ を終了すると、システムが再起動します。再起動プロセスが完了すると、ライセンス契約に同意するように求められます。

  3. 完了 をクリックして設定を適用し、初期セットアップ 画面に戻ります。

    注記

    ネットワーク設定を構成していない場合は、システムをすぐに登録できません。この場合は 設定完了 をクリックします。Red Hat Enterprise Linux 8 が起動したらログインして、ネットワークアクセスを有効にし、システムを登録します。詳細は 「Subscription Manager ユーザーインターフェースを使用したシステム登録」 を参照してください。「ネットワークおよびホスト名のオプションの設定」 で説明されているように、ネットワーク設定を構成している場合は、以下に示すようにシステムをすぐに登録できます。

  4. インストール概要 画面で、サブスクリプションマネージャー を選択します。

    重要

    CDN から RHEL を登録してインストールした場合は、Subscription Manager オプションに、インストールされているすべての製品に有効なエンタイトルメントが割り当てられているというメッセージが表示されます。

  5. サブスクリプションマネージャー グラフィカルインターフェースを開き、登録しようとしているオプション (subscription.rhsm.redhat.com) を表示します。
  6. 次へ をクリックします。
  7. ログイン および パスワード を入力し、登録 ボタンをクリックします。
  8. サブスクリプションの詳細を確認し、割り当て をクリックします。Red Hat サブスクリプション管理への登録が完了しました! メッセージが表示されます。
  9. 完了 をクリックします。初期セットアップ 画面が開きます。
  10. 設定完了 をクリックしてください。ログイン画面が表示されます。
  11. システムを構成します。詳細は『基本的なシステム設定の構成』を参照してください。

関連情報

要件によって、システムを登録する方法は 5 つあります。