第34章 IBM Z サーバーでのインストールプロセスの概要

Red Hat Enterprise Linux の IBM Z へのインストールは、対話形式または無人モードで行うことが可能です。IBM Z へのインストールは通常、ローカルメディアからではなく、ネットワーク経由で行われるという点で他のアーキテクチャーと異なります。このインストールは、以下の 3 つの段階で構成されます。

  1. インストールの起動

    • メインフレームへの接続します。
    • ブートパラメーターのカスタマイズ
    • インストールプログラムを含むメディアから IPL (initial program load)、つまり起動を実行します。
  2. インストールシステムへの接続

    • ローカルマシンから SSH でリモートの IBM Z システムに接続し、Virtual Network Computing (VNC) を使用してインストールプログラムを起動します。
  3. RHEL インストールプログラムを使用したインストールの完了

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。