第2章 利用可能なインストール方法

Red Hat Enterprise Linux は、以下のいずれかの方法でインストールできます。

  • GUI ベースのインストール
  • システムまたはクラウドイメージベースのインストール
  • 高度なインストール
注記

本ガイドでは、ユーザーインターフェース (GUI) を使用した RHEL のインストール方法を説明します。

GUI ベースのインストール

以下の GUI ベースのインストール方法が利用できます。

  • カスタマーポータルから ISO イメージを使用して RHEL のインストール - カスタマーポータルから Binary DVD ISO イメージファイルをダウンロードして Red Hat Enterprise Linux をインストールします。登録は、GUI インストールの完了後に行われます。このインストール方法は、キックスタートでも対応しています。
  • コンテンツ配信ネットワークから RHEL の登録およびインストール - すべてのシステムを登録し、サブスクリプションを割り当て、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から Red Hat Enterprise Linux をインストールします。このインストール方法は、Boot ISO イメージファイルおよび Binary DVD ISO イメージファイルで対応していますが、Boot ISO イメージファイルは Boot ISO イメージファイル用の CDN にデフォルト設定されているため、Boot ISO イメージファイルを使用することが推奨されます。登録は、インストールパッケージが CDN からダウンロードされ、インストール前に行われます。このインストール方法は、キックスタートでも対応しています。

    重要

    GUI で、特定の要件に合わせて RHEL インストールをカスタマイズできます。特定の環境要件 (Red Hat への接続、ソフトウェア選択、パーティション設定、セキュリティーなど) の追加オプションを選択できます。詳細は 10章インストールのカスタマイズ を参照してください。

システムまたはクラウドイメージベースのインストール

システムまたはクラウドイメージベースのインストール方法は、仮想環境およびクラウド環境でのみ使用できます。

システムまたはクラウドイメージベースのインストールを実行するには、Red Hat Image Builder を使用します。Image Builder は、クラウドデプロイメントのシステムイメージを含む、Red Hat Enterprise Linux のカスタマイズされたシステムイメージを作成します。

Image Builder を使用して RHEL をインストールする方法はRHEL システムイメージのカスタマイズ』を参照してください。

高度なインストール

以下の高度なインストール方法を使用できます。

  • キックスタートを使用して、自動化された RHEL インストールを実行 - キックスタートを使用して Red Hat Enterprise Linux をインストールします。キックスタートは、オペレーティングシステムの無人インストール作業を実行できる自動インストールです。
  • VNC を使用してリモートの RHEL インストールを実行 - RHEL インストールプログラムには、Direct と Connect の 2 つの VNC インストールモードがあります。接続が確立されれば、この 2 つのモードに違いはありません。選択するモードは、環境によって異なります。
  • PXE を使用してネットワークから RHEL をインストール - ネットワークインストールでは、インストールサーバーへのアクセスがあるシステムに、Red Hat Enterprise Linux をインストールできます。ネットワークインストールには、少なくとも 2 つのシステムが必要です。

高度なインストール方法の詳細は、『高度な RHEL インストールの実行』を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。