第1章 サポート対象のアーキテクチャーおよびシステム要件

Red Hat Enterprise Linux 8 は、ワークロードの提供にかかる時間や労力の軽減に必要なツールを使用することで、ハイブリッドクラウドデプロイメント全体に安定性、安全性、一貫性のある基盤を提供します。対応しているハイパーバイザー環境やクラウドプロバイダー環境にゲストとしてデプロイすることも、物理インフラストラクチャーにデプロイすることもできるため、アプリケーションは、主要なハードウェアアーキテクチャープラットフォームの革新的な機能を利用できます。

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux のインストールでサポート対象のアーキテクチャーと、システム要件を説明します。

1.1. サポート対象のアーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux では、次のアーキテクチャーに対応します。

  • AMD、Intel、および ARM 64 ビットアーキテクチャー
  • IBM Power Systems (リトルエンディアン)

    • IBM Power System LC サーバー
    • IBM Power System AC サーバー
    • IBM Power System L サーバー
  • IBM Z

関連情報

1.2. システム要件

Red Hat Enterprise Linux の初回インストール時には、インストールの前にシステム、ハードウェア、セキュリティー、メモリー、および RAID に関するガイドラインを確認することが推奨されます。詳細は、システム要件の参照を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。