第6章 GUI で RHEL インストールのカスタマイズ

本セクションは、グラフィカルユーザーインターフェース (GUI) を使用した Red Hat Enterprise Linux インストールのカスタマイズを説明します。GUI は、CD、DVD、または USB フラッシュドライブから、もしくは PXE を使用してネットワークからシステムを起動する場合に、Red Hat Enterprise Linux をインストールするのに推奨される方法です。

注記

オンラインヘルプと、カスタマーポータルで公開している内容に矛盾がある可能性もあります。最新の更新は、カスタマーポータルのインストールコンテンツを参照してください。

6.1. グラフィカルインストールのワークフロー

グラフィカルユーザーインターフェースを使用して、Red Hat Enterprise Linux をインストールする手順を完了してください。

注記

ネットワーク上または CDN からインストールする場合は、開始する前にネットワークを設定する必要があります。

手順

  1. 言語およびロケーションを設定します。詳細は「言語およびロケーションの設定」を参照してください。
  2. ローカライゼーション設定を構成します。詳細は「ローカライゼーションオプションの設定」を参照してください。
  3. ネットワーク、Red Hat への接続、システムの目的、インストール先、KDUMP、およびセキュリティーポリシーを設定します。詳細は「システムオプションの設定」を参照してください。
  4. インストールソースと、インストールするソフトウェアパッケージを選択します。詳細は「ソフトウェアオプションの設定」を参照してください。
  5. ストレージを設定します。詳細は「ストレージデバイスの設定」を参照してください。
  6. インストールを開始し、ユーザーアカウントおよびパスワードを作成します。詳細は「インストールプログラムの起動」を参照してください。
  7. グラフィカルインストールを完了します。詳細は「グラフィカルインストールの完了」を参照してください。