Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.3.3.3. ネットワークインタフェース設定の変更

本セクションは、インストール時に使用される一般的な有線接続に最も重要な設定を説明します。その他の種類のネットワークの設定方法は、一部の設定パラメーターが異なる場合がありますが、ここで説明する内容とあまり変わりません。

注記

IBM Z では、ネットワークサブチャンネルをあらかじめグループ化してオンラインに設定する必要があるため、新しい接続を追加することはできません。これは現在、起動段階でのみ行われます。

手順

  1. 手動でネットワーク接続を設定するには、ネットワークおよびホスト名 画面からインターフェースを選択し、設定 をクリックします。

    選択したインターフェースに固有の編集ダイアログが開きます。

注記

表示されるオプションは接続の種類によって異なります。使用可能なオプションは、接続の種類が、「仮想ネットワークインターフェースの追加」 で設定した物理インターフェース (有線または無線のネットワークインターフェースコントローラー) か、仮想インターフェース (ボンド、ブリッジ、チーム、または Vlan) かによって異なります。

次のセクションでは、編集ダイアログで、最も一般的で便利な 3 つのオプションを説明します。