Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.4. Windows で起動可能な USB デバイスの作成

以下の手順に従って、Windows システムに起動可能な USB デバイスを作成します。手順はツールによって異なります。Red Hat は、https://github.com/FedoraQt/MediaWriter/releases からダウンロードできる Fedora Media Writer の使用を推奨します。

注記
  • Fedora Media Writer はコミュニティー製品であるため、Red Hat のサポート対象外となります。このツールの問題は、https://github.com/FedoraQt/MediaWriter/issues から報告できます。
  • この手順は破壊的で、USB フラッシュドライブ上のデータは警告なく破壊されます。

前提条件

手順

  1. https://github.com/FedoraQt/MediaWriter/releases から Fedora Media Writer をダウンロードしてインストールします。

    注記

    Red Hat Enterprise Linux に Fedora Media Writer をインストールする場合は、ビルド済みの Flatpak パッケージを使用してください。このパッケージは、公式の Flatpak リポジトリーである Flathub.org (https://flathub.org/apps/details/org.fedoraproject.MediaWriter) から入手できます。

  2. USB フラッシュドライブをシステムに接続します。
  3. Fedora Media Writer を開きます。
  4. メイン画面で Custom Image をクリックして、ダウンロードしておいた Red Hat Enterprise Linux ISO イメージを選択します。
  5. Write Custom Image 画面で、使用するドライブを選択します。
  6. Write to disk をクリックします。起動用メディアの作成プロセスが開始します。プロセスが完了するまでドライブを抜かないでください。ISO イメージのサイズや、USB ドライブの書き込み速度により、この操作には数分かかる場合があります。
  7. 操作が完了したら、USB ドライブをアンマウントします。これで USB ドライブを起動デバイスとして使用する準備が整いました。