Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.3. Linux で起動可能な USB デバイスの作成

以下の手順に従って、Linux システムで起動可能な USB デバイスを作成します。

注記

この手順は破壊的で、USB フラッシュドライブ上のデータは警告なく破壊されます。

前提条件

手順

  1. USB フラッシュドライブをシステムに接続します。
  2. 端末を開いて dmesg コマンドを実行します。

    $ dmesg|tail

    dmesg コマンドは、最近の全イベントの詳細を記録したログを返します。このログの下部に、接続している USB フラッシュドライブから出力されたメッセージが表示されます。接続したデバイスの名前を記録してください。

  3. root ユーザーに切り替えます。

    $ su -
  4. プロンプトに従い root パスワードを入力します。
  5. ドライブに割り当てられているデバイスノードを見つけます。この例で使用されているドライブの名前は sdd です。

    # dmesg|tail
    [288954.686557] usb 2-1.8: New USB device strings: Mfr=0, Product=1, SerialNumber=2
    [288954.686559] usb 2-1.8: Product: USB Storage
    [288954.686562] usb 2-1.8: SerialNumber: 000000009225
    [288954.712590] usb-storage 2-1.8:1.0: USB Mass Storage device detected
    [288954.712687] scsi host6: usb-storage 2-1.8:1.0
    [288954.712809] usbcore: registered new interface driver usb-storage
    [288954.716682] usbcore: registered new interface driver uas
    [288955.717140] scsi 6:0:0:0: Direct-Access     Generic  STORAGE DEVICE   9228 PQ: 0 ANSI: 0
    [288955.717745] sd 6:0:0:0: Attached scsi generic sg4 type 0
    [288961.876382] sd 6:0:0:0: sdd Attached SCSI removable disk
  6. dd コマンドを実行して、ISO イメージを USB デバイスに直接書き込みます。

    # dd if=/image_directory/image.iso of=/dev/device

    /image_directory/image.iso を、ダウンロードした ISO イメージファイルのフルパスに置き換え、device を、dmesg コマンドで取得したデバイス名に置き換えます。この例では、ISO イメージのフルパスが /home/testuser/Downloads/rhel-8-x86_64-boot.iso で、検出されたデバイス名が sdd です。

    # dd if=/home/testuser/Downloads/rhel-8-x86_64-boot.iso of=/dev/sdd
    注記

    デバイス上のパーティション名ではなく、正しいデバイス名を使用していることを確認してください。パーティション名は、通常、数字の接尾辞が付いたデバイス名です。たとえば、sdd がデバイス名の場合、デバイス sdd 上のパーティションの名前は、sdd1 になります。

  7. dd コマンドがデバイスへのイメージの書き込みを終了するのを待ちます。データ転送が完了すると、# プロンプトが表示されます。プロンプトが表示されたら、root アカウントからログアウトして、USB ドライブを取り外します。これで USB ドライブを起動デバイスとして使用する準備が整いました。